ホーム | コラム | 樹海 | コラム 樹海

コラム 樹海

ニッケイ新聞 2008年2月29日付け

 熊本県人会の絵画教室の講師、坂本マリーナ明美さんの名刺の日本語の肩書は看護婦である。日本では看護婦は「差別語」だとして遠ざけられたが、マリーナさんにとっては誇りだ▼先頃、教室の生徒募集に来た。教室の宣伝は控えめにして、力説したのは県人会館を高齢者のデイサービスの空間としてとらえよ、であった。今後一層押し寄せてくる高齢化に、県人会活動を通じて、なんとか対処できないか、を真剣に考えているのがわかった。会館で「セラピーができればいい」と言う▼セラピーは簡略にいえば、心身を癒す療法のことである。病人ばかりを対象としているわけではない。マリーナさんのみるところ、日系人には夫婦だけの高齢者、独りきりの高齢者が多い。近い将来、ますます増えると予測している。孤独が原因となって何らかの問題が起きる。それを未然に防げるように、あるいは緩和できるように、会館を所有している県人会は考えようというのである▼例えば、マリーナさんは、一週間の内、週日の一日を絵画教室に割いている。いい意味の「一日遊んであげます」のサービスだ。県人会は、こうしたサービスがもっとできれば、という▼言うは易し、特に実行の際は人材の面で多くの困難があるのは、デイサービスを実際推進している人ならわかる。あるのは「空間」だけで、ほかは何もないところからスタートしなければならないからである。ただ、二世の県人会関係者にこうした意識があるのは嬉しい。(神)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • コラム 樹海2007年10月20日 コラム 樹海 ニッケイ新聞 2007年10月20日付け […]
  • 大耳小耳2007年10月20日 大耳小耳 ニッケイ新聞 2007年10月20日付け […]
  • コラム オーリャ!2007年10月20日 コラム オーリャ! ニッケイ新聞 2007年10月20日付け  援協はこのほど、重度の鼠径(そけい)ヘルニアを患っていた聖州スザノ市在住の日本人男性(93)を日伯友好病院で受け入れ、無料で手術した。手術は見事成功し、男性は無事退院した。 […]
  • 「ブンバ」30号発売=日系各書店で販売中2007年10月20日 「ブンバ」30号発売=日系各書店で販売中 ニッケイ新聞 2007年10月20日付け  自然と文化の情報誌『Bunba』三十号がこのほど発売された。 […]
  • 武田五男氏2007年10月20日 武田五男氏 ニッケイ新聞 2007年10月20日付け  (株)トレードブラスの創業者、武田五男氏が十九日午前七時半ごろ、脳溢血のため入院先のサンタクルス病院で死去した。享年七十九歳。 […]