ホーム | 日系社会ニュース | 「鈴木幸男の旅の世界」=10日から絵画回顧個展

「鈴木幸男の旅の世界」=10日から絵画回顧個展

ニッケイ新聞 2008年4月8日付け

 ブラジル彫刻美術館(エウロパ通り218、ジャルジン・エウロパ)は、十日から五月一日まで、火曜~日曜日午前十時~午後七時、故鈴木幸男さんの絵画回顧個展「鈴木幸男の旅の世界」(A Viagem de Yukio Suzuki)を開催する。イナウグラソンは九日午後七時から。
 鈴木さんは一九六二年の渡伯。元三軌会(さんきかい)会員、陶芸家鈴木章子さんの夫。着伯後、コチア市にアトリエを持ち、意欲的に創作活動、サンパウロ国際ビエンナーレに三回出品したほか、数多くの受賞歴がある。八九年、パーキンソン氏病発病以来、闘病生活を送り、二〇〇四年死去した。
 個展歴は、渡伯前東京で一度、ブラジルにおいては、六七年サンパウロ市のアシエイ画廊で行なって以来、リオ、レシフェ、カンピーナス、ブラジリア、プ・プルデンテなどで二十回。いちばん最近は二〇〇七年クラブ・トランス・アトランチコでの回顧展だ。
 章子夫人は、四日「鈴木のそれぞれの年代の作品には、思想表現、技法の面で、その後の若い人たちに影響を与えた先駆的なものが少なくない。今度の展示作品でそうしたことを読み取っていただけると思う。多くの人に鑑賞していただきたい」と案内した。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 「武夫の生涯」=父親の人生を小説に=阪本さん10年かけて2008年10月25日 「武夫の生涯」=父親の人生を小説に=阪本さん10年かけて ニッケイ新聞 2008年10月25日付け  弁護士の阪本隆昭さん(71、二世)が、父親の阪本武夫さん(故人)を題材にした小説「武夫の生涯(A Saga de […]
  • バイレ・エリカ=なんでもやで10日2007年11月7日 バイレ・エリカ=なんでもやで10日 ニッケイ新聞 2007年11月07日付け  川橋エリカ音楽教室(川橋エリカ代表)は十日午後七時からレストラン「なんでもや」(Rua, Americo de campos 9)で恒例のバイレを開く。 […]
  • 10月に漢字検定=受験申込み受付け=日本語センター2008年8月29日 10月に漢字検定=受験申込み受付け=日本語センター ニッケイ新聞 2008年8月29日付け  日本の文部科学省が行っている日本漢字能力検定試験が、十月二十六日午前十時からブラジル日本語センター(Rua Manuel de […]
  • 上塚伝「荒野の人」ポ語版=15日、プロミッソンで出版会2007年12月14日 上塚伝「荒野の人」ポ語版=15日、プロミッソンで出版会 ニッケイ新聞 2007年12月14日付け  来年の日本移民百周年を記念して先月出版された「移民の父・上塚周平伝『荒野の人』」(能美尾透著、ニッケイ新聞社刊)のポルトガル語版「O HOMEM DA MATA SELVAGEM-A SAGA DE […]
  • 「荒野の人」ポ語版=20日、史料館で出版会=聖市2007年12月18日 「荒野の人」ポ語版=20日、史料館で出版会=聖市 ニッケイ新聞 2007年12月18日付け  「移民の父・上塚周平伝『荒野の人』」(能美尾透著、ニッケイ新聞社刊)のポルトガル語版「O HOMEM DA MATA SELVAGEM-A SAGA DE SHUHEI […]