ホーム | コラム | 樹海 | コラム 樹海

コラム 樹海

ニッケイ新聞 2008年4月8日付け

 晩夏から初秋のナス(茄子)はうまい。茄子を金網で焙ったやつを、「熱(ア)ッッ…」なぞといいながら冷水に漬けては、皮を剥いている曾祖母。その傍らで、焼茄子へかける鰹節(オカカ)を削っている曾孫の私。これは、梅按や鬼の平蔵を世に送った池波正太郎の「昔の味」にある文だが、浅葱色の肌にショウガの擂り下ろしと酒をちょっぴり混ぜた醤油をかけるときの心のどよめき▼茄子紺の皮が柔らかいものは、薄く切って塩を振り揉んだのがいい。シソの葉やショウガを千切りにしたを加えると秋の味が口中に広がりいやがうえにも舌に染みる。宮城県の仙台には「長なすの漬物」という名物があり、この美味なること天下一品。伊達藩の江戸から今に伝わるもので漬け方はお嫁さんの大切な「秘密」だそうな▼「秋茄子嫁に食わすな」の俚諺があるように今ごろのナスは、香りもよく十分に味覚を楽しませてくれる。この諺は鎌倉時代の本にある「秋茄子はささ(酒)の粕に漬け混ぜて、嫁にはくれじ棚に置くとも」からの転用らしく、姑の嫁いびりとされる。だがさて―この解釈でいいものかどうか?である▼「茄子は子宮を痛める」や「茄子は胃腸を冷やし、秋に至りて甚だし」の古文書もあるそうだし、ここはまあ―口角泡を飛ばす論議はやめ酒で満たした盃を傾けながら秋の旨みを静かに楽しみたい。フライパンに油を引きナスの薄切りを焼いた「しぎ焼き」を甘味噌で口にするのもなかなかだし、細長く切ったのをゴマ油で軽く炒め味噌汁に放すと宿酔を防ぐのだと耳にもした。と―秋茄子はいいこと尽くめなのである。   (遯)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • コラム 樹海2007年10月20日 コラム 樹海 ニッケイ新聞 2007年10月20日付け […]
  • 大耳小耳2007年10月20日 大耳小耳 ニッケイ新聞 2007年10月20日付け […]
  • コラム オーリャ!2007年10月20日 コラム オーリャ! ニッケイ新聞 2007年10月20日付け  援協はこのほど、重度の鼠径(そけい)ヘルニアを患っていた聖州スザノ市在住の日本人男性(93)を日伯友好病院で受け入れ、無料で手術した。手術は見事成功し、男性は無事退院した。 […]
  • 「ブンバ」30号発売=日系各書店で販売中2007年10月20日 「ブンバ」30号発売=日系各書店で販売中 ニッケイ新聞 2007年10月20日付け  自然と文化の情報誌『Bunba』三十号がこのほど発売された。 […]
  • 武田五男氏2007年10月20日 武田五男氏 ニッケイ新聞 2007年10月20日付け  (株)トレードブラスの創業者、武田五男氏が十九日午前七時半ごろ、脳溢血のため入院先のサンタクルス病院で死去した。享年七十九歳。 […]