ホーム | 日系社会ニュース | 移民史料館=所蔵したいが…68万円=鈴木貞次郎の絵葉書、書簡

移民史料館=所蔵したいが…68万円=鈴木貞次郎の絵葉書、書簡

ニッケイ新聞 2008年4月11日付け

 現在、東京・神田の古書店で、鈴木貞次郎(南樹、1879~1970)がチリやブラジルから、日本の俳句仲間の一人に書き送った書簡一通、絵葉書八十四枚が売りに出されている。販売希望価格は六十八万円。
 ブラジル日本移民史料館の関係者は、戦前・戦後のコロニアを知る資料の発見に、「何とか購入する手立てはないか」と頭を捻っている。
 鈴木は、笠戸丸以前の一九〇六年に単身カフェザールに入り、戦後は日伯新聞で健筆をふるい、著作に『ブラジル移民の草分け』『埋もれゆく拓人の足跡』などがあるコロニア人。
 書簡には昭和二十五年の消印があり、小笠原公衛・JICAシニアボランティアも「時期的に勝ち負けのことにも触れているのではないか」と期待する。
 八十四枚の葉書は、一九〇三年(明治三十三年)に東京から送ったものが一番古く、ブラジルからのものが多いという。
 知人を通じて同資料の存在を知った中村茂生・同ボランティアが古書店に連絡したところ、「ブラジルにあるべきもの」と古書店主は理解を示し、取り置いてもらっている状態となっているが、問題は購入費。
 現在、史料館が所蔵する資料は、主に寄贈によるもの。資料購入費は予算に組まれていないため、栗原猛・史料館運営委員長は、「篤志家の支援が頂ければ有り難い」と理解を呼びかけている。
 詳しくは同史料館(電話=11・3209・5465)まで。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • コラム オーリャ!2007年10月20日 コラム オーリャ! ニッケイ新聞 2007年10月20日付け  援協はこのほど、重度の鼠径(そけい)ヘルニアを患っていた聖州スザノ市在住の日本人男性(93)を日伯友好病院で受け入れ、無料で手術した。手術は見事成功し、男性は無事退院した。 […]
  • 武田五男氏2007年10月20日 武田五男氏 ニッケイ新聞 2007年10月20日付け  (株)トレードブラスの創業者、武田五男氏が十九日午前七時半ごろ、脳溢血のため入院先のサンタクルス病院で死去した。享年七十九歳。 […]
  • 大耳小耳2007年10月20日 大耳小耳 ニッケイ新聞 2007年10月20日付け […]
  • 百年の歩み辿りたい=河北新報=加賀山記者が来伯2007年10月20日 百年の歩み辿りたい=河北新報=加賀山記者が来伯 ニッケイ新聞 2007年10月20日付け  宮城県仙台市に本社のある河北新報社の加賀山仁記者(34)が十八日来伯、サンパウロを中心にベレン、トメアスーなどを取材、約一カ月滞在する。 […]
  • 「ブンバ」30号発売=日系各書店で販売中2007年10月20日 「ブンバ」30号発売=日系各書店で販売中 ニッケイ新聞 2007年10月20日付け  自然と文化の情報誌『Bunba』三十号がこのほど発売された。 […]