ホーム | 日系社会ニュース | シュノーミング協会=プールで生涯健康に!=伯初の指導員マリアさん

シュノーミング協会=プールで生涯健康に!=伯初の指導員マリアさん

ニッケイ新聞 2008年4月15日付け

 シュノーミング協会の花房万利子理事長(インストラクター)、世界水中連盟(CMAS)所属で考案者の絹川富往さん、北村静江指導員、木村幸子さんらが四日来伯、伯国初の指導員でUSP教育学部体育学科のマリア・デ・ロウヂス教授と共に普及活動を行なっている。
 シュノーミングとは、ガラスや金属を用いない水中メガネ、シュノーケル、足ひれを使い、プールで行なうスポーツで、年齢や障害、泳げない人も楽しめる水中有酸素運動。「シュノーミング協会」は〇三年にNPO法人として正式発足、現在会員は札幌を中心に約二百人だという。
 昨年三月に初来伯した花房、絹川両氏は、アルモニア教育文化協会、コチア・A・クラブ、USPなどで指導。
 その際、関心を持ったマリア教授が同年七月に北海道・札幌を訪問、二週間みっちりと特訓を受け、ブラジル初の指導員として認定され、帰国後普及活動に励んでいる。
 現在では、外部からの生徒も加えた約十五人に指導、今回来伯した四人も助っ人に加わった。
 マリア教授は、「初めたばかりだが、人気がよく、USPとしても本格的に指導を行なう考え」と話す。
 「シュノーミングは体に対する負担が少ないため、腰痛や股関節疾患を持つ人にも最適のスポーツ」と花房理事長は熱弁、これからの普及活動にもやる気を見せていた。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • コラム オーリャ!2007年10月20日 コラム オーリャ! ニッケイ新聞 2007年10月20日付け  援協はこのほど、重度の鼠径(そけい)ヘルニアを患っていた聖州スザノ市在住の日本人男性(93)を日伯友好病院で受け入れ、無料で手術した。手術は見事成功し、男性は無事退院した。 […]
  • 武田五男氏2007年10月20日 武田五男氏 ニッケイ新聞 2007年10月20日付け  (株)トレードブラスの創業者、武田五男氏が十九日午前七時半ごろ、脳溢血のため入院先のサンタクルス病院で死去した。享年七十九歳。 […]
  • 大耳小耳2007年10月20日 大耳小耳 ニッケイ新聞 2007年10月20日付け […]
  • 百年の歩み辿りたい=河北新報=加賀山記者が来伯2007年10月20日 百年の歩み辿りたい=河北新報=加賀山記者が来伯 ニッケイ新聞 2007年10月20日付け  宮城県仙台市に本社のある河北新報社の加賀山仁記者(34)が十八日来伯、サンパウロを中心にベレン、トメアスーなどを取材、約一カ月滞在する。 […]
  • 「ブンバ」30号発売=日系各書店で販売中2007年10月20日 「ブンバ」30号発売=日系各書店で販売中 ニッケイ新聞 2007年10月20日付け  自然と文化の情報誌『Bunba』三十号がこのほど発売された。 […]