ホーム | 日系社会ニュース | 史料館=写真のデジタル化急務=慶応大・西山氏が指導に

史料館=写真のデジタル化急務=慶応大・西山氏が指導に

ニッケイ新聞 2008年4月18日付け

 移民資料のデジタル化に助っ人―。慶応大学メディアセンター本部の西山洋介デジタル化担当(25)が写真を中心とした資料のデジタル化と、ブラジル日本移民史料館スタッフへの技術移転を目的に、先月末来伯、今月四日まで作業を行なった。
 今回の来伯は、立教大学のラテンアメリカ研究所が中心となって行なっているプロジェクト「ブラジルにおける日系移民資料の分析・保存とデジタルアーカイブ構築・移民百年の軌跡」の一環。
 昨年すでに南麻州のカンポ・グランデと聖州バストスでデジタル化作業が実施されており、プロジェクト全体の予算は、二年間で八百万円が計上されている。
 史料館が所蔵する六千枚の写真のうち、西山さんは今回二百枚をデジタル保存、今年十月に聖市で開催予定の「日本移民国際シンポジウム」の資料としても活用されるという。
 なお、四日午後には、関係者を集め、デジタル化に関するレクチャーも行い、「写真をデジタル化することにより、(直接の閲覧がなくなる)オリジナル資料の良質な保存が可能となる」と説明しながらも、「データの継続的な管理も必要」と資料保存の大変さも強調していた。
 今回指導を受けた史料館のスタッフらが残りの資料のデジタル化作業を進めていく予定となっている。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • コラム オーリャ!2007年10月20日 コラム オーリャ! ニッケイ新聞 2007年10月20日付け  援協はこのほど、重度の鼠径(そけい)ヘルニアを患っていた聖州スザノ市在住の日本人男性(93)を日伯友好病院で受け入れ、無料で手術した。手術は見事成功し、男性は無事退院した。 […]
  • 武田五男氏2007年10月20日 武田五男氏 ニッケイ新聞 2007年10月20日付け  (株)トレードブラスの創業者、武田五男氏が十九日午前七時半ごろ、脳溢血のため入院先のサンタクルス病院で死去した。享年七十九歳。 […]
  • 大耳小耳2007年10月20日 大耳小耳 ニッケイ新聞 2007年10月20日付け […]
  • 百年の歩み辿りたい=河北新報=加賀山記者が来伯2007年10月20日 百年の歩み辿りたい=河北新報=加賀山記者が来伯 ニッケイ新聞 2007年10月20日付け  宮城県仙台市に本社のある河北新報社の加賀山仁記者(34)が十八日来伯、サンパウロを中心にベレン、トメアスーなどを取材、約一カ月滞在する。 […]
  • 「ブンバ」30号発売=日系各書店で販売中2007年10月20日 「ブンバ」30号発売=日系各書店で販売中 ニッケイ新聞 2007年10月20日付け  自然と文化の情報誌『Bunba』三十号がこのほど発売された。 […]