ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

ニッケイ新聞 2008年5月7日付け

 昨日本紙で報じたバイア連邦大学医学部関係者が、「ボイコット以外の理由で査定対象になったのならば、バイアの人間は知能指数が低い」と発言して物議を醸していたが、五日に、発言者は三十日に辞表を提出し、発言についても謝罪との報。翌六日には、同大理事の「彼が辞めたことで、カリキュラムの改革が進む」との言葉も報道されたが、生徒や教師を誇れない教育機関で人が育てられるものなのだろうか。
     ◎
 アマゾンの船舶事故では、二十四時間後に生存者一人を救出との朗報と共に、六日十二時現在の死者が二十一人に増えたとの報も。一方、発達した温帯低気圧による被害が出ていた南伯では、水にさらわれた人が出て、死者が二人に。どちらのケースも、雨と風により被害拡大。ミャンマーの例も含め、自然の力の前に、人間は無力さを味わう。
     ◎
 五日未明、サンタカタリーナの炭鉱で爆発事故が起き、坑内にいた二十七人の抗夫のうち、二人が死亡、十三人が負傷。地表からの深さ二百メートル、坑道口から四・五キロ地点にあった遺体を収容した消防隊員は、「坑内には埃とガスが充満し、マスクをはめていても呼吸が困難で、これまでで最も危険な救出作業だった」と。負傷者の一人は重体。同炭鉱では二年前にも爆発事故が起き、一人が死亡したという。
     ◎
 四日未明、サンパウロ州サンミゲル・アルカンジョで、十八歳の青年運転の車が、パーティー帰りで徒歩の四人連れをはねて転倒。四人は即死。車の三人は軽傷。青年は無免許だった。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《記者コラム》パンデミックは好機?! 一気に進む世代交代2020年9月22日 《記者コラム》パンデミックは好機?! 一気に進む世代交代  「戦後移民の時代」は訪れることなく、過ぎ去った。結果的に、それで良かったのかもしれない。アアダコウダ言わず、素直にそう考えた方が前向きか。30代、40代の若者らが中心になって実施され、実に手際よく広範な内容を含みつつ、コンパクトに凝縮された「文協統合フォーラム2020」( […]
  • かずま忌俳句大会、来月8日=初めて富重久子宅で開催2019年11月23日 かずま忌俳句大会、来月8日=初めて富重久子宅で開催  蜂鳥誌友会の年中行事である『第14回かずま忌俳句大会』が12月8日午前9時(受付は午前8時)から、サンパウロ市ピニェイロス区の富重久子居(Rua Oscar Freire, 2077, ap. […]
  • ニッケイ俳壇(912)=星野瞳 選2016年10月27日 ニッケイ俳壇(912)=星野瞳 選 アリアンサ  新津稚鴎信濃村のポルトガル人煙草干す鳩車に似て葦舟や湖は春アリアンサの鳳梨も供え念腹忌睦みつつ濁流越えて行きし蝶富士の絵の額の後に守宮棲む […]
  • ニッケイ俳壇(892)=星野瞳 選2016年6月16日 ニッケイ俳壇(892)=星野瞳 選 アリアンサ  新津稚鴎虻が来て蝶来て天気葱坊主着ぶくれて南風寒き国に老ゆ行く秋や牧場に白き月残し草山の草分けのぼる秋の風雲の峰一日崩れず牧遅日 […]
  • ニッケイ俳壇(882)=星野瞳 選2016年4月1日 ニッケイ俳壇(882)=星野瞳 選    アリアンサ         新津 稚鴎アララ飛び花野の虹は濃かりけり向ふ岸鹿現れてこちら見る風鈴の尾の力抜け酷暑来る差し向けし灯に目を剥いて枝の木莬滝くぐり来て中空に囀れる【明治の偉人・正岡子規がそれまで日本にあった俳句や短歌を写生であるべきだと改革した。その俳句を佐藤念 […]