ホーム | 日系社会ニュース | 谷さん、27年ぶりのサンパウロ市=筝曲コンサートを

谷さん、27年ぶりのサンパウロ市=筝曲コンサートを

ニッケイ新聞 2008年5月8日付け

 筝曲宮城会・大師範の谷真紗重さんの記念コンサートが、十一日午後三時から、サンパウロ市文協の小講堂で開かれる。入場無料。
 宮城道雄作曲の「さくら変奏曲」をはじめ、「八段」「春の夜」「都踊」「じょんがら変奏」「瀬音」などを披露。旧知の間柄であるブラジル筝曲宮城会の小倉祐子さん、長瀬令子さん、杉尾宣柄さんらも出演する。
 谷さんは三日、四日の両日、サンパウロ市内SESCでおこなわれた筝曲宮議会の来伯公演にも出演。夫の仕事の関係でサンパウロに四年間暮らしたことがあり、今回は実に二十七年ぶりの来伯となる。滞伯当時もブラジル筝曲宮城会のメンバーと公演していたという。
 幼少期から琴をはじめ、十八歳で生田流宮城会直門に入り、現在は大師範として活躍。東京で定期的に演奏会に出演している。芸暦は五十四年。
 「母の日にあわせたコンサートです。少人数による琴の音色を多くの人に楽しんでもらいたい」と呼びかけている。

image_print

こちらの記事もどうぞ