ホーム | 日系社会ニュース | 造幣局=百周年記念の貨幣セット=記念五百円と一~五百円で

造幣局=百周年記念の貨幣セット=記念五百円と一~五百円で

ニッケイ新聞 2008年5月9日付け

 独立行政法人造幣局は七日、「日本ブラジル交流年及び日本人ブラジル移住100周年記念5百円ニッケル黄銅貨幣入り平成20年銘貨幣セット」を販売すると発表した。
 六月に発行を予定している百周年記念五百円玉一枚と、平成二十年銘の未使用の五百円から一円までの六種類の通常貨幣をセットにしたもので、プラスチックケース、外装紙ケースに収納されている。
 価格は二千四百円で、十四万二千セット販売予定。「海外販売用」として一部を確保するとしているが、詳細については現時点で未定。
 日本国内の場合は、ハガキ(一枚につき一セット)で造幣局まで申し込む。予定数を超えた場合は抽選。二十八日まで受け付ける。
 申し込み先は、「〒539―0049 大阪支店 造幣局 日伯貨幣セット係」。ハガキ裏面に郵便番号、住所、氏名、電話番号等を記載。詳細は造幣局ホームページ(www.mint.go.jp/)。
 なお、記念五百円玉については、この貨幣セットのほか、日本全国の金融機関及び郵便局の窓口で額面価格による引換えが行なわれる。引き換え開始は六月十八日から。

image_print

こちらの記事もどうぞ