ホーム | 日系社会ニュース | 県連代表者会議=皇太子殿下が慰霊碑ご訪問=19日に練習艦隊歓迎会を開催

県連代表者会議=皇太子殿下が慰霊碑ご訪問=19日に練習艦隊歓迎会を開催

ニッケイ新聞 2008年5月31日付け

 ブラジル日本都道府県人会連合会(県連、与儀昭雄会長)の定例代表者会議が、二十九日午後四時から文協内で行われた。今回は百周年式典の前としては最後の代表者会議だったこともあり、皇太子殿下の慰霊碑ご訪問、海上自衛隊練習艦隊の歓迎会など多くの重要事項を報告。ほか、空席だった副会長に栃木の坂本アウグスト会長が選出された。
 与儀会長のあいさつに始まり、五月事務局報告、四月度会計報告が行われ、その場で承認された。
 園田昭憲副会長から、皇太子殿下が六月十九日午後にイビラプエラ公園内にある開拓先没者慰霊碑を訪問される予定である事が報告された。慰霊碑では、県連から五百人ほどが日本とブラジルの小旗をふりながら、お出迎えとお見送りを行うことが検討されている。
 あわせて、例年六月十八日の移民の日に慰霊碑前で行われている追悼法要を今年は十七日午前十時から行なうことも報告した。
 六月十八日にサントスに寄港する海上自衛隊練習艦隊(かしま、あさぎり、うみぎり)の隊員は、合計七百十一人。半舷上陸で、山形県以外の四十六県出身の隊員四百二十三人が上陸する。
 今回は、日系団体による歓迎会は一回のみで、十九日午前十一時から文協記念講堂で開催。その後、各県人会ごとに歓迎会を開催する予定。
 福田康雄氏の死去にともない四月から空席だった副会長には、執行部から栃木県人会長の坂本アウグスト氏が推薦され、会議の席で承認された。坂本氏は「今は忙しくてなかなか手伝いはできないが、県人会創立五十周年式典が終わったらしっかり頑張りたい」と抱負を語った。
 サンボードロモの百周年記念式典に関して山田康夫副会長は、六月九日頃に百周年協会から入場券を受取ることを報告。知事や議長などの特別席への入場方法などの説明を行った。
 県連四十年記念誌について長友契蔵副会長が、六月十八日までには発行することを発表。記念誌は三百四十六ページで、一冊三十五レアル。一千部発行し、各県人会に十冊、日伯の公共団体に百冊ずつ無料で配布する。発行費用は五万四千二百八十レアル。発刊後に慰労会も検討されている。
 そのほか、与儀会長と園田昭憲副会長が四月の訪日について報告。日本で行われた百周年記念式典へ参加、全国知事会や海外日系人協会などを表敬訪問したことを説明し、今後横の連絡を密にしていく考えを示した。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 【2016年移民の日特集号】ごあいさつ2016年6月23日 【2016年移民の日特集号】ごあいさつ 移民の日に思うことブラジル日本都道府県人会連合会会長 山田 康夫 ブラジルの日本移民は今年108年、戦後の移住が再開されて63年になり、戦前、戦後を通じてブラジルに移住した日本人の数は25万人余、そして現在では190万人余といわれる日系人の中に占める日本人の数は3%を下回るとい […]
  • 呉屋会長2015年7月7日 ごあいさつ 移民の日にあたって=ブラジル日本文化福祉協会会長 呉屋 春美  1908年に日本移民がブラジルに移りきて、今年で107周年を迎えます。今日の日系社会が存在するのは私共の先輩方のご苦労の賜物であります。開拓先亡者の御霊に対して心より哀悼と感謝の意を表する次第であ […]
  • 2017年1月元旦=新年のご挨拶2017年1月1日 2017年1月元旦=新年のご挨拶 新年に考えること=ブラジル日本都道府県人会連合会会長 山田康夫  謹んで新年のお慶び申し上げます。  旧年中はいろいろとご支援をいただき、心より感謝申し上げます。 […]
  • 本橋 幹久2015年1月8日 新年のごあいさつ 2 県連あいさつ文=日伯120年の絆=ブラジル日本都道府県人会連合会会長 本橋 幹久  新しい年2015年を迎えるに当たり、新年のお慶びと共にご挨拶を申し上げます。 本年は「日本ブラジル外交関係樹立120周年」の節目の年に当たります。1895年に締結された「日伯修 […]
  • 開拓先亡者・東日本大震災物故者法要=文協大講堂に約3百人=故小野寺七郎氏も追悼2011年6月21日 開拓先亡者・東日本大震災物故者法要=文協大講堂に約3百人=故小野寺七郎氏も追悼 ニッケイ新聞 2011年6月21日付け  ブラジル日本移民の日を迎えた6月18日、『日本移民103周年記念開拓先亡者追悼法要並びに東日本大震災物故者追悼法要』が午後1時半から、ブラジル日本文化福祉協会・大講堂で執り行われた。 […]