ホーム | 日系社会ニュース | 沖縄系2世の見た移民史=5日に池岡さん著書出版会

沖縄系2世の見た移民史=5日に池岡さん著書出版会

ニッケイ新聞 2008年5月31日付け

 サントス市在住の沖縄二世、池岡マリアさん(66)がこのほど、両親の生涯を辿りながら、デカセギまでの日伯両国の歴史を綴った「バンザイ・ブラジル! バンザイ・ジャポン!」を上梓、サンパウロ市リベルダーデ区のブラジル銀行(ガルボン・ブエノ街218)で六月五日、出版記念サイン会をおこなう。午前十時から午後一時まで、午後二時から四時まで。
 一九一七年に若狭丸で移住した父親・山内哲男さんは、リベイロン・プレット近くのカフェ園に入耕。九年後、サンパウロ州サンビセンテ市を経て、一九三〇年にサントス市に移り住んだ。
 「父からは母親との恋愛の経緯から沖縄の歴史や文化などいろいろと教えてもらった」と池岡さん。「とくに忍耐や勤勉さ、信用など、日本人移民に共通する美徳を広く伝えたかった」と執筆動機を話す。
 池岡さんは、労働裁判所の職員として勤務するかたわら〇二年に調査をはじめ、〇四年から執筆。定年退職後、〇七年に本の調査と自身のルーツを探るため、沖縄を旅行した。出版費用はすべて自費だ。
 五月九日にサンビセンテ市議会でランサメントしており、地元紙も写真付きで記事を掲載した。経費を除いた本の売上げは、すべてサン・ビセンテ小児腫瘍研究センターに寄付される。
 価格は三十九レアル。二十二章立て、三百二十ページ。千冊発行。デカセギの在日ブラジル人の動向などについても記述している。沖縄やサンビセンテ市の景観、その他思い出の地の写真を多数紹介している。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 本紙が選んだ15大ニュース=発刊以来の主要記事や連載2012年10月27日 本紙が選んだ15大ニュース=発刊以来の主要記事や連載 ニッケイ新聞 2012年10月27日付け  来年3月でニッケイ新聞が創刊15周年を迎えるのを記念し、歴代の記者が日夜取材に駆け回り、本紙に掲載した記事の中から、独断と偏見で選んだ15個のトップニュースを、「コロニア15大ニュース」としてお届けする。続々と報じられたこれらニ […]
  • コロニア新世紀を占う=どうなる、どうする=ブラジルの〃ニッポン〃=各界10人が大胆に予想2008年7月5日 コロニア新世紀を占う=どうなる、どうする=ブラジルの〃ニッポン〃=各界10人が大胆に予想 ニッケイ新聞 2008年7月5日付け  コロニア新世紀を迎えた今、ブラジルは空前の日本ブーム。日本食はもちろんのこと、高まる日本語熱、そして、様々な日本文化の影響は、すでにこの国の多様性を語るには欠かせない要素となっている。百年をかけて浸透し、ブラジル化した〃日系文化〃が […]
  • 大耳小耳2007年12月15日 大耳小耳 ニッケイ新聞 2007年12月15日付け […]
  • コロニア10大ニュース2004年12月28日 コロニア10大ニュース 12月28日(火)  記憶に残る首相伯=日伯センター建設問題も ニッケイ新聞社は年末恒例のコロニア十大ニュースを選んだ。一年間様々な出来事を取材し続けた編集部が、コロニアにまつわるニュースから選び出した。やはり、八年ぶりにブラジルを訪れ、コロニアとも積極的に交流を持 […]
  • 令和時代を目前に、日系社会へのお言葉を振り返る2019年4月2日 令和時代を目前に、日系社会へのお言葉を振り返る  4月30日に今上天皇が退位され、5月1日から新天皇が即位して「令和(Reiwa)」時代が始まる。  この新元号の出典は現存する日本最古の古典「万葉集」の序文にある梅の花の歌、「初春の令月にして、気淑く風和ぎ、梅は鏡前の粉を披き、蘭は珮後の香を薫らす」という和歌か […]