ホーム | 日系社会ニュース | バンデイランテス宮=日系画家の作品展

バンデイランテス宮=日系画家の作品展

ニッケイ新聞 2008年8月2日付け

 サンパウロ州政庁(バンデイランテス宮殿=Av.Morumbi,4500)で三十一日まで、日系画家の作品展「ブラジル美術における日本人の存在~具象から抽象へ(Presenca japonesa na arte brasileira-da figuracao a abstracao)」が開かれている。
 間部学、大竹富江、高岡由也、半田知雄、富岡清治、玉木勇治、福島近など、日本人・日系人画家約五十人の作品を展示する。三十一日まで。
 入場無料。火曜から金曜は午前十時から午後五時、土日祝日は午前十一時から午後四時まで。

image_print

こちらの記事もどうぞ