ホーム | 日系社会ニュース | トロピカリズモから40年=「良い機会」と翻訳の前田さん

トロピカリズモから40年=「良い機会」と翻訳の前田さん

ニッケイ新聞 2008年9月4日付け

 一九九八年に出版されたカルロス・カラード著「トロピカリア―ブラジルに沸き起こった革命的音楽の軌跡」を翻訳した前田和子さんが、八月二十六日に来社した。
 〇六年に日本で翻訳、出版された。一九六七年にブラジルに沸き起こった芸術活動「トロピカリズモ」を、写真を使ってドキュメンタリー風に仕立てた一冊だ。
 トロピカリズモの音楽分野に焦点を当て、その中心的存在だったジルベルト・ジルやカエターノ・ヴェローゾ、ナラ・レオンを追っている。
 前田さんは、「トロピカリズモはブラジル文化の根底にある真の姿を、庶民の目から見た活動」と位置付け、「現在のブラジルを理解するのに(トロピカリズモを知ることは)とても大きな役割を果たすのでは」と話した。
 トロピカリズモは、当時のブラジル軍事政権から左翼的な反政府主義活動とされ、ジルベルト・ジル、カエターノ・ヴェローゾの投獄、ロンドンへの亡命で終焉した。
 一年二カ月しか続かなかったトロピカリズモが終わった年から四十年目の今年、前田さんは、「今だから、他に見えてくるものがある。四十年目の今年はトロピカリズモを知るいい機会」と話した。
 翻訳版「トロピカリア」(プチグラ出版、〇六)は、リベルダーデの太陽堂、フォノマギ竹内書店、カーザ・オノで三十八レアルで購入可能。
 前田さんは、慶応大学英米文科を卒業後、ソロカバ大学で一年、上智大学大学院(修士)でポ語を学んだ。その後、サンパウロ・カトリック大学大学院で言語学博士号取得、早稲田大学やJICAなどでのポ語教師経験を経て、現在埼玉学園大学で南北米文化論の講師、翻訳・通訳家。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 本人は「こんなのは軍政以来」と嘆くも=過激言動で極端な賛否両論を巻き起こすカエターノ・ヴェローゾ2017年11月1日 本人は「こんなのは軍政以来」と嘆くも=過激言動で極端な賛否両論を巻き起こすカエターノ・ヴェローゾ  10月30日、このところ何かとお騒がせ続きの、ブラジル音楽界の大御所で国際的スターのカエターノ・ヴェローゾ(75)が、ホームレスの人たちによる不法占拠地域で開催する予定だったコンサートの中止命令を出された。  これを不服としたカエターノが、再び問題発言を行い、新たな […]
  • ジョーヴェン・グアルダから50年=60年代のブラジルの若者が熱狂2015年8月25日 ジョーヴェン・グアルダから50年=60年代のブラジルの若者が熱狂  1965年8月22日、当時のブラジルの若者たちを熱狂させた音楽番組「ジョーヴェン・グアルダ」がレコルデ局で放送を開始した。それから今年で50周年を迎えた。 「ジョーヴェン・グアルダ」は、レコルデ局がはじめた音楽番組で、司会には当時人気絶頂だったアイドル、ロベルト・カルロスに、 […]
  • 3日、議会に押しかけたロボン(Laycer Tomaz/Câmara dos Deputados)2014年12月5日 反ジウマの場所にロボンあり=言いたい放題の名物ロック歌手  大接戦に終わった大統領選挙が終わって1カ月あまりのブラジルでは、依然として野党陣営がジウマ政権に激しく楯突く姿がしばし見られる。12月も2、3日に、ジウマ政権側が提案した、基礎的収支の算出法の改定法案に対し、「年間目標が達成できないのはごまかせないぞ」とばかりに野党や抗議 […]
  • 大統領候補を音楽に喩えると?=有名歌手が推す候補者たち2014年10月4日 大統領候補を音楽に喩えると?=有名歌手が推す候補者たち  10月5日、ブラジルでは4年に1度の大統領選挙が行なわれる。今回の選挙は現職のジウマ大統領(労働者党・PT)が本命、アエシオ・ネーヴェス氏(民主社会党・PSDB)とマリーナ・シウヴァ氏(ブラジル社会党・PSB)が対抗する形で行なわれているが、「ブラジル音楽の有名人はどの候 […]
  • 高まるロニー・ヴォン再評価=時代を先取りしすぎた元アイドル2014年2月13日 高まるロニー・ヴォン再評価=時代を先取りしすぎた元アイドル ニッケイ新聞 2014年2月13日 60~70年代に数多くの名歌手を生み出してきたブラジル音楽界だが、現在、ブラジルの音楽マニアのあいだで再評価の進んでいる男性歌手がいる。それがロニー・ヴォンだ。 ロニー・ヴォンと言えば、元々は1960年代、その二枚目俳優ばりの端正な容姿で人 […]