ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

ニッケイ新聞 2008年9月6日付け

 米国ニューヨークでルーラ大統領を囲んでの夕食会が開催される。国連会議出席のため訪米する大統領だが、会議開催日の二十二日に予定された夕食会は、会議にちなんだ最初の集会のうえ、ラ米リーダーを囲む集いとしては唯一の夕食会。予算も他のラ米リーダーたちの昼食会に比べ、一五〇ドルは高いという。ブラジル、または大統領の存在が認められているということか。
     ◎
 サンパウロ州サンカルロスで三日深夜、いとこの奥さんが小切手を口座に振り込みたいが、現金払い出し機の使い方を知らないというのを聞いた男性。買物ついでにやってあげると銀行に立ち寄ったはずが、扉が閉まって外に出られなくなった。いとこに電話し、警察も呼ばれたが、なす術もないまま五時間半。鍵を持った銀行員が出勤したおかげで解放された。どうしようかと慌てた後は、喜劇だと思い始めたという男性は、帰宅後に、「銀行には一人では行かない」と心に決めたとか。
     ◎
 サンパウロ州ペデルネイラスで三日朝、郊外の採石場の爆発で巻き上げられた大量の石が住宅地に雨あられと降り、二八軒の家屋と車一台を破損、住民二人がケガをした。爆風で巻き上げられた石の飛距離は、九六〇メートルにも及んだといい、大きなものはサッカーボール大で四キロ近い重量。落ちてくる石や木でそばにいる母親が怪我をしないようにかばっていたという男性は、一一針縫うケガをしたが、最初は、飛行機が落ちてきたかと思ったという。
     ◎
 気温が上がった四日、サンパウロ市ではこの冬一番、年間で二番目という三二・四度を記録。雨が降らないため、湿度もサンパウロ市で午後三時に一五・九%と、乾燥状態が続いている。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 怨念が生んだ新政権の背景探る=29年目のジンクスは当たるか=ジャニオ、コーロル、ボルソナロ2019年1月7日 怨念が生んだ新政権の背景探る=29年目のジンクスは当たるか=ジャニオ、コーロル、ボルソナロ  「なぜ、そんな兆しさえなかったブラジルで、極右政権が誕生したのか」と問われたとしたら、「ルサンチマン(積もり積もった怨念)」と「ブラジル選挙の29年のジンクス」の2つが起こした〃時代的な化学反応〃を理由にあげる。この二つの事象は、いかにして窓際下院議員、陸軍予備役少佐 […]
  • 大統領選の投票日直前に急展開=ボルソナロとハダジで決戦へ=サンパウロ市在住 駒形 秀雄2018年10月9日 大統領選の投票日直前に急展開=ボルソナロとハダジで決戦へ=サンパウロ市在住 駒形 秀雄  春にしては寒い10月7日、ブラジル全土で大きな事故もなく、総選挙が行われました。  注目の大統領選挙では強硬派と言われるボルソナロ(PSL党)が5千万近い票を集めて1位、ハダジ(PT党)が3千万票で2位となり、この二人で10月28日の第2次選挙が争われることになりま […]
  • 呉屋会長2015年7月7日 ごあいさつ 移民の日にあたって=ブラジル日本文化福祉協会会長 呉屋 春美  1908年に日本移民がブラジルに移りきて、今年で107周年を迎えます。今日の日系社会が存在するのは私共の先輩方のご苦労の賜物であります。開拓先亡者の御霊に対して心より哀悼と感謝の意を表する次第であ […]
  • 注・小党については党名、議員数を省略しています2014年7月16日 いよいよ大統領選が本格化=天下分け目の10月決戦へ=舞台裏や裏取引きあれこれ=駒形 秀雄  サッカー世界大会は強豪ドイツの勝利となり、ブラジルの「地元で優勝」の夢は〃コッパ微塵〃に砕かれて、終わりとなりました。一方、この1カ月間、地元の大統領選挙のほうはその布陣展開に大きな進展が見られ、有力候補陣の顔ぶれ、政党間の合従連衡などが確定しました。これで10月に行われ […]
  • 東西南北2014年4月23日 東西南北 ニッケイ新聞 2014年4月23日  ブラジルでも〃ガボ〃の愛称で親しまれた文豪ガブリエル・ガルシア・マルケス氏の死に対し、ブラジルの有名人も次々と追悼の辞を捧げている。ジウマ大統領は「彼は子供に新しい世界を紹介するように読者を架空都市マコンドへと誘った」とし、ルーラ前大統領は […]