ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

2006年4月7日(金)

 ジルセウ下議の後、議員権はく奪対象の大物下議と野党が重視していた元下院議長のクーニャ下議(PT)は五日、下院本会議で賛成二百九、反対二百五十六票で議員権はく奪を逃れた。逃れた議員としては八人目。同下議はヴァレーリオ氏を通じて五万レアルを受け取った疑い。
     ◎
 過去に三回大統領選に出馬し、二〇〇二年には過去最高の百五十万票で下議に当選したエネアス下議が五日、トレードマークの口ひげを剃ったのは白血病が理由と下院で表明した。しかし体調は良く、今年の大統領選で四度目の正直を狙うと断言。
     ◎
 ルーラ大統領は五日、国際宇宙ステーションのポンテス大佐と十四分間交信。宇宙旅行費一千万ドルは安かったと感激。
     ◎
 国内で最も有名なピエロの一人、カレキーニャことジョルジ・サヴァラ・ゴメスさんが五日、リオデジャネイロ州サン・ゴンサーロ市の自宅で心不全のため死去した。九十歳。ゴメスさんは五歳の時からサーカスでピエロとして活動、二十三歳でラジオに、三十六歳でテレビに出演し、一躍人気者となった。
     ◎
 サンパウロ市都市計画課は、アウグスタ通りとコンソラソン通りの中間に多目的広場を中心とする商店街の造成を計画している。発案者はBCN銀行の元大株主アルマンド・コンデ氏で、現在、環境庁と造成予定地の樹木四十五本の伐採を折衝中。計画では緑地帯が設けられ、レプブリカ広場と同じ面積の一万平方メートルに六万本の植林を行う。五百台収容できる二階分の地下駐車場も建設。目的は同所の活性化という。同地域のルーズベルト広場付近は現在、街娼と麻薬密売人のたまりになっている。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》最高裁が警察にも司法取引の権利認める=判事投票10対1の大差2018年6月22日 《ブラジル》最高裁が警察にも司法取引の権利認める=判事投票10対1の大差  ブラジル連邦最高裁(STF)大法廷が20日、従来は連邦検察庁(MPF)だけに限られていた報奨付供述(デラソン・プレミアーダ、以下「DP」)を被疑者との間で行う権利を、連邦警察や各州市警にも認める決定を下したと、21日付現地各紙が報じた。  DPは〃司法取引〃とも呼ば […]
  • 東西南北2018年4月12日 東西南北  ルーラ元大統領の逮捕と受刑開始は、しばらく尾を引きそうだが、「明日はわが身」と戦々恐々の日々を送っているのが、労働者党(PT)の政敵の民主社会党(PSDB)の政治家だ。14年の大統領候補だったアエシオ・ネーヴェス上議は来週17日に被告になるか、ならないかの最高裁審理が控えてい […]
  • 《ブラジル》下院でルーラ救済法提出=選挙の8カ月前不逮捕?=明らかに2審前の時間切れ狙い=議会で早くも強い反発も2017年7月18日 《ブラジル》下院でルーラ救済法提出=選挙の8カ月前不逮捕?=明らかに2審前の時間切れ狙い=議会で早くも強い反発も  下院の政治改革委員会で13日、報告官のヴィセンテ・カンジド下議が作成した意見書に、18年大統領選出馬をめざすルーラ元大統領の逮捕回避のため、選挙法にある候補者の不逮捕期間を延長する項目が付け加えられていたことがわかり、問題となっている。15、16日付現地紙が報じている […]
  • アーティストたちの祈り通じる=スヴェイテル報告官のテメル大統領告発受け入れ2017年7月12日 アーティストたちの祈り通じる=スヴェイテル報告官のテメル大統領告発受け入れ  現在ブラジルは、収賄容疑で起訴されたテメル大統領の告発を、下院が受け入れるか否かに注目が集まり、下院の憲政委員会で報告官をつとめるセルジオ・スヴェイテル氏が、告発を「受け入れる」という見解を示したことに、国民が好意的な反応を示している。  とりわけそれを喜んでいるのは、ブラ […]
  • 28日はブラジル全土で大規模ストへ=労働法や年金制度改革に反対し2017年4月27日 28日はブラジル全土で大規模ストへ=労働法や年金制度改革に反対し  テメル政権の進める、労働法と社会保障制度の改革に反対する勢力が、28日に全国規模のストを計画していると、26日付現地紙・サイトが報じた。  ストを呼びかけているのは、中央統一労組(CUT)、ブラジル中央労働者組合(CTB)、インテルシンジカル、中央人民労組(CSP)、一般労 […]