ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

2007年3月28日付け

 連立与党議員七十八人の下院小委員会への役職配置に苦慮するフランサ下議(ブラジル社会党=PSB)は、毎日頭がカッカッしていた。ピント下議(全国運動党=PMN)が「オレともあろう者が、こんなチッポケな役」と不満の抗議を行った。フランサ下議が「美人のマヌエラ下議(ブラジル共産党=PCdoB)さえ黙っているのに、おまえのような醜い男の言うことなんか聞いていられるか」と反発。
     ◎
 自由前線党(PFL)は二十六日、二十八日に党名を民主党(DEM)に変更すると発表。同日、党首もボウンハンゼン氏からマイア氏に交替する予定。
     ◎
 大サンパウロ市圏グアルーリョス市で一人暮らしの祖母(79)を刺殺した容疑で、二十一歳の女子大生が二十六日、逮捕された。容疑者は犯行後自宅に戻り、胸を刺して自殺を図ろうとしていた。警察は容疑者の供述を基に共犯が二人いるとみて、捜査を続けている。
     ◎
 サンパウロ州グアルジャー市の海岸を訪れていたメキシコ人観光客の男性(34)が二十五日午後、二人組の男に襲われ、背中を銃で撃たれてけがをした。犯人らの言葉がわからず、抵抗したため。犯人らは事件後まもなく軍警に逮捕された。
     ◎
 一レアルの盗みで時間と血税の大浪費―。サンパウロ市ほか五都市で実施された調査で、一レアルを盗んだ罪で投獄された人物が六人いることが判明。裁判は最短二年一カ月、最高で四年七カ月かかり、裁判費用は一件当り平均一八四八レアル。有罪判決は最高二カ月半の禁固刑で、服役費用は一人一カ月当り一〇〇〇レアルかかるという。

image_print

こちらの記事もどうぞ