ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

 ボルソナロ大統領が社会自由党(PSL)を離党し「政党なし」となって1年以上が経過。その間、目指していたはずの市長選にも参加できず、政党実績がないままに2年後の大統領選に臨まねばならなくなった。23日に報じられたところによると、ボルソナロ氏の新党「ブラジル同盟」は現在も結党に必要な41万9900人の署名を集めるには程遠い状態で、現時点で集まっている署名は10%相当の4万3千人分に過ぎないとか。大統領選では5700万票を獲得したはずなのに、結党手続きをはじめて1年が経つのにこれだけしか集められないとは。新党断念の可能性も、そろそろ考えるべきでは。
     ◎
 トカンチンス州選出上議のイラジャー・シルヴェストレ氏が、22歳のモデルから強姦容疑で訴えられた。被害届によると、イラジャー氏と彼女は22日にサンパウロ市西部で開催された昼食会で出会った後、ナイトクラブに行ったが、酒を飲まされて気を失い、ホテルで目覚めた時には既に強姦されていたという。彼女は暴行されるのが怖くて反抗しなかったが、行為後に電話をかけて助けを求めた友人が迎えに来るまで、帰宅することもできなかったという。イラジャー氏はカチア・アブレウ上議の息子で、コロナが重症化してシリオ・リバネス病院に入院中の母親を見舞った直後だった。
     ◎
 サッカーのリベルタドーレス杯は今週、いよいよ決勝トーナメントがスタート。コロナの集団感染が起きてチーム状態としては最悪なパルメイラスは今日、敵地エクアドルでデルフィンと戦う。来週の本拠地アリアンツ・パルケでの第2戦は、復帰している選手もいるかもしれないので、なんとかこの試合を負けずに乗り切りたいところだ。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2021年1月16日 東西南北  サッカーのブラジル杯の決勝が、リベルタドーレス杯の関係上、日程が組めずに止まっている。問題は、どちらも決勝戦にパルメイラスが進んだことにある。1月30日のリ杯決勝でサントスが勝てば、ブ杯の決勝は2月11〜17日のいずれかになる。だが、パルメイラスが南米一になった場合は、2月に […]
  • 東西南北2020年12月29日 東西南北  クリスマス前後から、コロナウイルス関連で、いろんな形の騒動が起きている。ひとつは英国で発生した感染率の高い変異種が、欧州の他の国や日本でも見つかったこと。これで多くの国がパニックになっている。ブラジルでも25日から、英国からや英国経由の旅行者の入国が禁止されたが、この変異種が […]
  • 東西南北2020年12月25日 東西南北  聖夜前日の23日が仕事納めだった人も少なくないと思うが、それはサンパウロ州内の州立校も同様。コロナ禍で波乱に満ちた1学年を終えることとなった。ほとんどの生徒たちにとってはこれから1カ月強の休みに入るが、「授業数が足りていない」と思う学校は、1月4日から22日の間に25コマの補 […]
  • 東西南北2020年12月23日 東西南北  22日午前6時のマルセロ・クリヴェラ・リオ市長の逮捕は衝撃を与えた。同市長には以前からこうした汚職の疑惑があり、「時間の問題」と見る向きも少なくはなかったが、年明けでなく、市長の任期がわずかばかり残っている今、あえて逮捕したことに意味深なものを感じている国民は少なくない。クリ […]
  • 東西南北2020年12月19日 東西南北  17日、ツイッター上を「ウクラニザ・ブラジル(ブラジルをウクライナにせよ)」とのハッシュタグが大量に立った。これは「新型コロナウイルスワクチンの義務化」を問う最高裁の審理で義務化を支持する判事が多数派になったことを受けて反対派が起こしたものだ。この言葉は今年の5月に「反最高裁 […]