ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

 グアルーリョス空港までのCPTM13号線が先週末に開通し、拡大整備が進む鉄道網だが、2日には3月から開通していた地下鉄5号線のエウカリプトス駅が通常運行となった。サンパウロ市地下鉄は今後も開通ラッシュが控えており、4号線のオスカー・フレイレ駅、5号線の3駅、15号線モノレール線5駅の開通が近日中に行われる。この内のオスカー・フレイレと5号線のモエマ駅は、今週中にも開通するのではないかと報じられている。予定通りなら、5号線の1号線や2号線との連結や4号線のサンパウロ・モルンビ駅開通も年内に実現する見込みだ。最初の計画より随分遅れた駅開業だが、サンパウロ市民の交通生活上は嬉しい年だ。
     ◎
 3月31日に行われたサッカーのサンパウロ州選手権決勝第1試合、コリンチャンス対パルメイラスは、パルメイラスが敵地イタケーラでの試合を1―0で勝利し、優位に立った。この試合では、パルメイラスの有名な暴れん坊で「闘犬」の異名を持つフェリペ・メロがコリンチャンスのクレイソンと乱闘を起こし、両者退場となるハプニングも話題となった。第2試合は8日、今度はパルメイラスの本拠地アリアンツ・パルケで行われる。
     ◎
 3月のサンパウロ州6大水系では、いずれも月間平均降水量前後の雨を記録し、本格的な雨季を終えた。2日現在の水位はカンタレイラが54・3%、アウト・チエテが65・1%、グアラピランガが84・4%、アウト・コチアが92・7%、リオ・グランデが87・0%、リオ・クラーロが101・9%だ。まずまずだが、乾季での減少を少な目にとどめたい。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2017年11月1日 東西南北  世界銀行発表のデータによると、2015年のブラジルには、1日の生活費が5・5ドル以下の貧困者が、国民の22・1%にあたる4550万人いた。貧困者の定義は1日の生活費が1・9ドル以下だったが、平均所得向上などで5・5ドルに改定された。労働者党(PT)政権初年の2003年は人口の […]
  • 東西南北2016年3月1日 東西南北  ラヴァ・ジャット作戦に関するニュースが紙面を独占する状態は今年になって加速するばかりだが、その最中の2月28日、ジョゼ・エドゥアルド・カルドーゾ法相(労働者党・PT)が辞意を表明した。同法相は、渦中のルーラ前大統領やPT党員から「検察庁や連邦警察を野放しにしており、管理できて […]
  • 東西南北2016年5月24日 東西南北  聖州では先週から強い冷え込みが続いており、20日夜から23日の朝方まで降った強い雨は、聖州の主要水系を潤した。カンタレイラ水系ではこの間に53ミリもの雨が降ったことで5月の降水量が86・4ミリとなり、月間平均(78・2ミリ)を超えた。同水系の4月の降水量は4・4ミリしかなく、 […]
  • 東西南北2016年2月17日 東西南北  13日に聖市南部のサントアマーロ高架橋がトラック2台の衝突に伴う炎上で部分損傷し、通行止めになったことは昨日付本紙でも伝えたが、週が明けた15日、南部のバス交通は一大パニックとなった。同高架橋は南部でも通行量の多いことで知られているが、そこが封鎖され、25ものバス路線がルート […]
  • 東西南北2015年12月8日 東西南北  現在、伯国内で拡大の様相を見せている、ジカウイルスに伴う赤ちゃんの小頭症だが、聖州カンピーナス在住で、妊娠初期の罹患が疑われているパトリシア・コンパッシさん(21)が5日付アゴラ紙の取材に応えている。10月に小頭症の男の子を生んだばかりのパトリシアさんは、ジカウイルスにかかっ […]