ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

 19日、サンパウロ市では午後3時頃から空が夜のように真っ暗になった。あまりに珍しいため、ネット上では、この件についての話題も多かった。気象観測所によると、今回の現象は、サンパウロ州海岸部に上陸した寒冷前線が海から湿気をもたらし、分厚い雲が低空に滞留したせいだという。それに加え、パラグアイにあるアマゾンの森林地帯での火災で生じた煙が、風の影響でサンパウロ州まで届き、煙幕を形成したのも原因の一つだという。予報だと、寒冷前線がもたらしている雨雲により、今週いっぱいは雨が続く、寒い天気になるという。冬も終盤に近づいてはいるが、それまでにもうひと関門といったところか。
     ◎
 19日未明、サンパウロ市西部ブタンタンの学生集合住宅で、大学生のダニエル・リマ・ベゼーラさん(23)が3人組の強盗に襲われ、死亡した。強盗は10室あった集合住宅の4室を襲っており、ダニエルさんは3室目の被害者だった。ダニエルさんは部屋を襲撃された際、3人組の内の1人にナイフで反撃しようと試み、頭を銃で撃たれて死亡した。3人組は17日にも集合住宅前で別の学生を襲い、車で5時間引きずり回した上、現金を引き出したり買い物をしたりしていた。犯人たちはその後、逮捕された。
     ◎
 サッカーのリベルタドーレス杯は20日から準々決勝に突入。今回は片方の山をブラジル勢が独占しており、21日の今日はマラカナン・スタジアムでフラメンゴとインテルナシオナルが第1試合を行う。第2試合は28日にポルト・アレグレで行われる。勝者になったチームが、パルメイラス対グレミオの勝者と準決勝を戦う。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》南米予選のサッカー代表メンバー発表=1週後にはコパ・アメリカも2021年5月15日 《ブラジル》南米予選のサッカー代表メンバー発表=1週後にはコパ・アメリカも  ブラジル・サッカー協会は14日、6月のW杯南米予選第5、6節に出場する代表選手24人を発表した。14日付現地サイトが報じている。  今回の代表選手は以下のとおりとなった。  《キーパー》アリソン(リバプール)、エデルソン(マンチェスター・シティ)、ウェヴェルトン( […]
  • 東西南北2020年12月17日 東西南北  サンパウロ州選挙地域裁は15日、大サンパウロ市圏エンブー・ダス・アルテスの市長選で再選したネイ・サントス氏(共和者・RP)と副候補のウゴ・プラード氏(民主運動・MDB)のシャッパの当選を無効にした。これは、労働者党(PT)などをはじめとする左派政党が起こした訴えを裁判所が認め […]
  • 東西南北2020年12月10日 東西南北  8日午後、サンパウロ市で強い雨が降り、各地で水害が相次いだ。16時50分の時点で市内では20カ所で冠水が起き、11の通りが通行不能となった。また、18時10分までに倒木の通報が122件も入った。被害がひどかったのは西部で、ラッパ、リモン、バラ・フンダなどで水浸しの道や大木が倒 […]
  • 東西南北2020年12月5日 東西南北  コロナの感染再拡大により、11月30日からはサンパウロ州内全域の規制レベルが黄レベル(5段階中の3番目)となった。クリスマスが近くなったこの時期、人混みを減らすのは簡単ではない。そんな中、サンパウロ市の地下鉄とCPTM、バスの混雑状況を教えてくれる便利なアプリができた。「Su […]
  • 【特集】オンライン=日本移民シンポジウム初開催=「日本文化の継承への課題」等=原田清弁護士ら熱く討論2020年11月14日 【特集】オンライン=日本移民シンポジウム初開催=「日本文化の継承への課題」等=原田清弁護士ら熱く討論  汎ソロカバナ日伯連合文化協会青年部と、国際NGO「国際キフ機構」ブラジル支部(KIFブラジル)が主催する「ブラジル日本移民シンポジウム」が、7日(土)午後2時から4時半までオンラインで初開催された。モデレーターの原田清弁護士を中心にして、現代における日本移民の歴史の意義や、ど […]