ホーム | Free | 大耳小耳

大耳小耳

 生粋の伯人女性で自称“紙芝居おばさん ”ことフラビア・マリア・ウォルフォウィッツさんの「紙芝居お話会」(ポ語)が、9日午後2時、3時の二回に渡り、聖市のジャパン・ハウス(Avenida Paulilsta, 52)で行われる。フラビアさんは、95年にサンパウロ総合大学通信藝術学部を卒業後、紙芝居と出会ってその魅力に嵌り、街頭や図書館でブラジルや日本の昔話を読み聞かせて回っているという。昨年、沼津市で開かれた「第7回ニッポン全国街頭紙芝居大会INぬまづ」では、外国人として初参加。ブラジル日本移民110周年を祝し、移民をテーマにした自作紙芝居を披露したとか。日本での読み聞かせの伝統は数世紀に渡るもので、情操教育にも役立つとされる。子や孫を連れて参加してみては?
     ◎
 在聖日本国総領事館(野口泰総領事)がカーニバルに参加する人に注意を呼びかけている。(1)外出時は常に警戒心を維持する。(2)ラフな服装で所持品は最小限、貴重品は分散所持。(3)荷物からは目を離さない。(4)ポケット内に携帯電話等の貴重品は入れず、腰に巻くタイプのセキュリティポーチ等を利用、ズボンの内側に隠す等の工夫をする。(5)屋外でスマートフォンやカメラを使用しない。(6)強盗犯に遭遇した場合の財布や現金を用意。(7)車両内でも細心の注意を払う。強盗に遭遇した場合は、決して逃走・抵抗しないよう呼びかけている。サンボードロモも安心は出来ないが、道のカーニバルでは特にこのような注意は欠かせないようだ。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 大耳小耳2017年5月20日 大耳小耳  柳誌『ぶらじる川柳』(ぶらじる川柳社)が213号を5月に発行した。《テーメルさん何とかしてよこの不況》(中山哲弥)と大統領に頼む作品を目にした日、皮肉なことにその本人が一番の苦境に立たされていた(詳細2面)。《冷蔵庫前にたたずみはて!なにを》(久保久子)を読んで、「私も、私も […]
  • 大耳小耳2019年6月25日 大耳小耳  あるぜんちな丸で南米に渡った日本人移民を半世紀にわたり記録したドキュメンタリー番組の「完全版」が、日本時間の26日午前0時45分から3夜連続で、NHKの衛星放送(BS1)で放送される。1968年に南米各地へと渡った移住者を取材した番組「乗船名簿AR29」が放送され、その後も移 […]
  • 大耳小耳2019年6月18日 大耳小耳  俳誌『朝蔭』第474号が4月に刊行された。《春雷の一喝に雨上がりたる》(秋村蒼一郎)からは、昔風の「怖いオヤジ」のような自然への畏敬と敬愛が感じられる。《老いの掌に三度叩きて蚊を逃す》(杉本三千代)には、電撃ラケットをお薦め。鈍る動きを文明で補う? 《人家埋めダムも決壊秋出水 […]
  • 大耳小耳2019年6月14日 大耳小耳  サッカー南米選手権(コパ・アメリカ)の日本代表初戦、チリ戦がいよいよ来週17日(月)に迫っている。だが試合会場のモルンビースタジアム(Praca Roberto Gomes Pedrosa, 1, […]
  • 大耳小耳2019年5月29日 大耳小耳  最近本紙でも座談会を連載した「終活」だが、本日午後1時から援協本部ビル(Rua Fagundes, 121, […]