ホーム | コラム | 大耳小耳 | 大耳小耳

大耳小耳

 生粋のブラジル人女性で自称“紙芝居おばさん ”ことフラビア・マリア・ウォルフォウィッツさんの「紙芝居お話会」(ポ語)が、9日午後2時、3時の二回に渡り、サンパウロ市のジャパン・ハウス(Avenida Paulilsta, 52)で行われる。フラビアさんは、95年にサンパウロ総合大学通信藝術学部を卒業後、紙芝居と出会ってその魅力に嵌り、街頭や図書館でブラジルや日本の昔話を読み聞かせて回っているという。昨年、沼津市で開かれた「第7回ニッポン全国街頭紙芝居大会INぬまづ」では、外国人として初参加。ブラジル日本移民110周年を祝し、移民をテーマにした自作紙芝居を披露したとか。日本での読み聞かせの伝統は数世紀に渡るもので、情操教育にも役立つとされる。子や孫を連れて参加してみては?
     ◎
 在聖日本国総領事館(野口泰総領事)がカーニバルに参加する人に注意を呼びかけている。(1)外出時は常に警戒心を維持する。(2)ラフな服装で所持品は最小限、貴重品は分散所持。(3)荷物からは目を離さない。(4)ポケット内に携帯電話等の貴重品は入れず、腰に巻くタイプのセキュリティポーチ等を利用、ズボンの内側に隠す等の工夫をする。(5)屋外でスマートフォンやカメラを使用しない。(6)強盗犯に遭遇した場合の財布や現金を用意。(7)車両内でも細心の注意を払う。強盗に遭遇した場合は、決して逃走・抵抗しないよう呼びかけている。サンボードロモも安心は出来ないが、道のカーニバルでは特にこのような注意は欠かせないようだ。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 人文研=川添博さんがZOOM講演=長崎の被爆の歴史を深堀り=参加者と『長崎の鐘』歌合唱2020年9月16日 人文研=川添博さんがZOOM講演=長崎の被爆の歴史を深堀り=参加者と『長崎の鐘』歌合唱  サンパウロ人文科学研究所(モラレス松原礼子理事長)は、ブラジル長崎県人会(森繁親会長)、ブラジル日本語センター(日下野良武理事長)と共催し、9月26日19時30分より長崎被爆75周年オンライン講演会「75年・長崎・カーニバル・ブラジルから平和の歌を」をZOOMで行う事 […]
  • 《ブラジル》リオの年越しイベント客無しで?=カーニバルは5、7月説も2020年7月28日 《ブラジル》リオの年越しイベント客無しで?=カーニバルは5、7月説も  新型コロナウイルスの影響により、年越しイベント(レヴェイオン)やカーニバルのようなサンパウロ市やリオ市に代表される大型イベントの開催が、続々と中止や延期になっている。25~27日付現地サイトが報じている。  年越しイベント「レヴェイオン」に関しては、サンパウロ市のパ […]
  • 東西南北2020年7月23日 東西南北  サンパウロ市カーニバルのデスフィーレ(パレード)に出場するエスコーラ・デ・サンバ(サンバチーム)が「来年のカーニバルは5月に開催してほしい」と、主催者である市に希望していることがわかった。通常は2~3月。20日にスペシャル・グループに属するチームの連合会「LIGASP」の会合 […]
  • 《サンパウロ市》大晦日大型イベントの中止決断=危ぶまれる来年のカーニバル2020年7月18日 《サンパウロ市》大晦日大型イベントの中止決断=危ぶまれる来年のカーニバル  ブルーノ・コーヴァス・サンパウロ市市長は17日、大晦日毎年恒例の大型イベント「レヴェイオン」を、コロナ禍のために中止にすることを発表した。同日付現地サイトが報じている。  レヴェイオンは毎年大晦日の真夜中に、市内最大の繁華街パウリスタ大通りで行われているサンパウロ市主催のコ […]
  • 《ブラジル》元保健相「コロナで20対1の大敗」=感染者200万人越え=サンパウロのカーニバルにも暗雲2020年7月17日 《ブラジル》元保健相「コロナで20対1の大敗」=感染者200万人越え=サンパウロのカーニバルにも暗雲  保健省による16日晩発表で、新型コロナウイルスの感染者数が200万人を超えた。1日の感染者数は4万5403人(計201万2151人)、死亡者数は1322人(計7万6688人)となり、依然として米国についで世界2位だ。現在に至るまでの2カ月間、正式な保健大臣は任命されず […]