ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

 6日夜、サンパウロ市北部ジャルジン・ペリ・アウトで殺戮行為が起こった。殺害現場はジェルヴァジオ・レイテ・レベーロ通りで、4人が即死し、1人が負傷した。負傷者は病院に運ばれ、一命を取り留めた。殺害には45口径の大きな銃とライフルが使われていた。3人の遺体はタクシー内から見つかり、運転手も死亡したと見られている。もう1人は路上に倒れて息絶えていた。負傷した生存者によると、彼らはこの日、カンピーナスに金を求めに行っており、その帰りに襲撃を受けたという。警察は、犯罪組織によるもの、もしくは報復行為によるものではないかとして調査中だ。
     ◎
 高速道での交通違反取り締まりのためのレーダーを減らす意向を明らかにしているボウソナロ大統領。だが、レーダーを管轄している全国運輸インフラ局(DNIT)によると、ブラジルではレーダー未設置の車線が8031あり、4千機のレーダーが必要だという。現在機能しているレーダーは265機で監視できるのは560車線のみ。DNITは既に516機の設置を許可済みで、新たに1038車線をカバーするが、4千機にはまだ遠い。大統領の認識は現実とずいぶんかけ離れている気がするが。
     ◎
 7日、サッカーの欧州チャンピオンズ・リーグ準決勝第2戦で、リヴァプールが第1戦の0―3からの劣勢を跳ね返し、4―0の大逆転でバルセロナを下し、2年連続で決勝進出を決めた。この試合ではブラジル代表のレギュラーでキーパーのアリソンが、4度のピンチを好守で切り抜け、勝利に貢献した。優勝まであと一勝だ。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2020年9月22日 東西南北  20日に行われた女子ビーチバレーの大会で3位に入った2人組のチームのひとり、カロル・ソルベルグがインタビュー中に突然、「フォラ(やめろ)、ボウソナロ」と大統領を批判する発言を行い、話題となった。ブラジル・バレーボール連盟(CBV)は、この発言に強い不快感を示した。同連盟は、公 […]
  • 東西南北2020年9月19日 東西南北  18日、ブラジルのネットはなつかしい写真で溢れた。それはこの日が、ブラジルでのテレビ本放送70週年記念日だったからだ。1950年、今はなきトゥピー局が放送を開始したのが最初となる。日本のNHKが本放送をはじめたのが1953年2月1日なので、それよりも2年半近く早かったことにな […]
  • 東西南北2020年9月18日 東西南北  投票日まで2カ月を切り、そろそろ、サンパウロ市市長選のことが気になりはじめる頃だ。フォーリャ紙によると、現職のブルーノ・コーヴァス市長は、最大のライバルになると目されているセウソ・ルッソマノ氏に関して、ボウソナロ大統領に支持してもらった方がむしろ助かると考えているという。それ […]
  • 2030年W杯まで安心なサッカー新世代2020年9月18日 2030年W杯まで安心なサッカー新世代  サッカーがブラジル国内で再開されて、一月近くが経過した。その短い期間の中で楽しみなことが起こって来ている。  それは、昨年のU17W杯での世界一に貢献した選手たちのうち4人が、早速プロの世界で活躍していることだ。カイオ・ジョルジュ(サントス)、ペグロウ(インテル […]
  • 東西南北2020年9月17日 東西南北  今日17日から、新型コロナウイルスに伴う緊急支援金の通算第6回目の支給がはじまる。これまでのように長蛇の列となって混雑する姿は、今から想像できそう。ところが16日付アゴラ紙によると、それがなくとも、連邦貯蓄(CAIXA)銀行の前には既に行列ができている。それはCAIXAでは、 […]