ホーム | ブラジル国内ニュース | 障害児の普通校受け入れを=ブラジル国民の8割が望む

障害児の普通校受け入れを=ブラジル国民の8割が望む

 ダッタフォーリャが行なった世論調査によると、ブラジル国民の80%が普通学校に障害児を迎えることに賛成していると、15日付伯字紙が報じている。
 今年6月に全国130市を対象に行なったダッタフォーリャ調査によると、国民のうち86%が「障害児を受け入れることで学校は良くなる」と考えていることがわかったという。
 また76%が「障害のある子どもは健常児と共に学ぶことで、より多くのことが学べる」と考えて、59%が「障害者だけで教育を受けるべき」という考えに59%が反対している。
 さらに、68%が「障害児がクラスにいることで、他の健常児たちの学習が損なわれる」という考え方に反対している。
 ただ、その一方で67%が「教師の障害児への対処がまだ不足している」と感じている。また「学校側に障害者を受け入れるか否かを選ぶ権利があるべき」に賛同している人は37%と少なく、多くの人が学校側に障害児を受け入れてほしいと願っていることが伺える。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 休刊告知2004年4月21日 休刊告知 4月21日(水)  きょうチラデンテスの祭日は本社休業につき、あす二十一日は休刊となります。 […]
  • 「東麒麟」好調持続=東山が創業70年=新旧副社長が抱負2004年3月27日 「東麒麟」好調持続=東山が創業70年=新旧副社長が抱負 3月27日(土)   日本酒「東麒麟」の東山農産加工(岩崎透社長)が今年創業から七十年を迎え好調の波に乗っている。ブラジル唯一の〃地酒〃はいまが盛りだ。折からの日本食ブームを受け、過去五年間に売上げはほぼ倍増を記録。サケ人気の勢いは止まる気配を見せない。人事交替のあいさつ […]
  • 東西南北2012年10月6日 東西南北 ニッケイ新聞 2012年10月6日付け […]
  • W杯日本代表に日系社会から応援を2014年4月2日 W杯日本代表に日系社会から応援を ニッケイ新聞 2014年4月2日  W杯で日本戦があるたびに当地TV局から「日系人が集まって応援する場所はないか」との問い合わせがあり、「ないね」と答えるとガッカリする。ところが最近、韓国コロニアなどは若い人が民族服まで来て熱心に応援する光景が放送される▼今回は地元開催だけに、 […]
  • フェリペ・アンデルソン(ウィキペディアより)2015年3月28日 五輪セレソンも親善試合中=Fアンデルソンなどに注目  現在、ヨーロッパでセレソンが欧州遠征を行なっている最中だが、その一方で「五輪セレソン」も親善試合を行なっている。 サッカーは、いよいよ来年に迫ったリオ五輪で最も注目される競技だ。特にブラジル・サッカー界にとっては、唯一優勝を経験していない大型大会ということもあり、地元開催 […]