ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

 ボウソナロ大統領と三男エドァウルド下議が、今度は世界的俳優レオナルド・ディカプリオに噛み付いた。それは彼が協力している世界的な環境団体WWFが、パラー州の火災を起こした容疑で逮捕された非政府団体ブリガーダ・デ・アウテル・ド・ションに不正な形の資金援助を行っていた疑いが出たからだ。ボウソナロ大統領は8月に法定アマゾンの火災が国際的に批判された際、ディカプリオからも批判を受けたため、「ほれ見たことか」とばかりに攻撃した。だが、その後、同団体の消防士が火災を起こしたとする証拠が弱いため、容疑者4人は釈放され、逮捕した市警が疑われている状態に。反撃はもう少し待った方が良かったか。
     ◎
 サンパウロ市地下鉄の駅で青年が高齢者や身体障害者の世話をしているプログラムが危機に陥っている。29日付アゴラ紙によると、そのプログラムは「ジョーヴェム・シダダン」と呼ばれ、16~21歳の若者たちが参加しているが、州の経済開発局が契約を更新しないことを決めたという。州政府は来年からは別のプログラムを導入することを示唆しているが、好評だっただけに気になるところだ。
     ◎
 28日に行われたサッカーの全国選手権の試合で、サンパウロはヴァスコ・ダ・ガマに1―0で勝利した。現在リーグ6位のサンパウロは、この勝利で、残り3試合のうち1勝(正確には勝ち点2)をあげれば、来年のリベルタドーレス杯の出場権を獲得する。フラメンゴ優勝の今、残り3試合の見どころは、リ杯進出者と2部降格者がどこになるかとなる。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 令和元年秋の叙勲15人に=日伯交流に尽力した功労者ら=二宮氏「生涯現役で努める」2019年11月5日 令和元年秋の叙勲15人に=日伯交流に尽力した功労者ら=二宮氏「生涯現役で努める」  日本政府は令和元年秋の叙勲受章者を3日に発表した。ブラジル在住者からは邦人3人を含む15人が受勲した。その一人、二宮正人氏(70、長野県)は「日系社会にはもっと素晴らしい功績を上げた方々がいる。その方々を差し置いて受章するのは申し訳ない」と謙遜しつつ、「弁護士も大学教授も通訳 […]
  • アマゾン火災騒動への違和感を読み解く2019年8月27日 アマゾン火災騒動への違和感を読み解く  アマゾンが国際世論やネット上でも燃えている――熱帯雨林伐採も森林火災も放置してはいけない。きちんとコントロールしなければいけない。その部分は、はっきりと言いたい。  その上で、先週からのアマゾンに対する国際世論を含めたボウソナロ政権への批判に奇妙な部分があることを指 […]
  • ブラジル政府=日本人観光客もっと来て!=6月17日からビザ免除=コパ・アメリカ日本戦初日2019年3月20日 ブラジル政府=日本人観光客もっと来て!=6月17日からビザ免除=コパ・アメリカ日本戦初日  日本、アメリカ、カナダ、オーストラリアからブラジルへの観光・短期商用等を目的とする訪問者に対するビザ(90日間)が、6月17日から免除されることになった。訪米中のボウソナロ大統領は18日に大統領令に署名した。今回対象となる4カ国について、すでにリオ五輪期間限定でビザ免 […]
  • 東西南北2019年12月3日 東西南北  ボウソナロ大統領が11月29日に行った「アマゾンの森林火災はレオナルド・ディカプリオに原因がある」という発言は、この週末、国際的な報道機関のみならず、芸能メディアでも報じられるなどして一般大衆にも広がり、「では、ブラジル海岸部に漂着した油はタイタニック号から来たのか」「どおり […]
  • 【世界救世教ブラジル宣教本部竣工50周年】アマゾン、北東伯へも発展=19日式典でも喜びの声続々2019年6月11日 【世界救世教ブラジル宣教本部竣工50周年】アマゾン、北東伯へも発展=19日式典でも喜びの声続々  19日の「宣教本部竣工50周年記念式典」も午前10時に開幕し、全伯から1105人が参加した。講堂内には400人、講堂の外には605人ほどが駆けつけ、2階の小講堂には約100人が集まった。一日目と同様に式典が粛々と進み、この日は全国から集まった18人が順々に玉串奉奠をし、厳かな […]