ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

 ボルソナロ大統領と三男エドァウルド下議が、今度は世界的俳優レオナルド・ディカプリオに噛み付いた。それは彼が協力している世界的な環境団体WWFが、パラー州の火災を起こした容疑で逮捕された非政府団体ブリガーダ・デ・アウテル・ド・ションに不正な形の資金援助を行っていた疑いが出たからだ。ボルソナロ大統領は8月に法定アマゾンの火災が国際的に批判された際、ディカプリオからも批判を受けたため、「ほれ見たことか」とばかりに攻撃した。だが、その後、同団体の消防士が火災を起こしたとする証拠が弱いため、容疑者4人は釈放され、逮捕した市警が疑われている状態に。反撃はもう少し待った方が良かったか。
     ◎
 サンパウロ市地下鉄の駅で青年が高齢者や身体障害者の世話をしているプログラムが危機に陥っている。29日付アゴラ紙によると、そのプログラムは「ジョーヴェム・シダダン」と呼ばれ、16~21歳の若者たちが参加しているが、州の経済開発局が契約を更新しないことを決めたという。州政府は来年からは別のプログラムを導入することを示唆しているが、好評だっただけに気になるところだ。
     ◎
 28日に行われたサッカーの全国選手権の試合で、サンパウロはヴァスコ・ダ・ガマに1―0で勝利した。現在リーグ6位のサンパウロは、この勝利で、残り3試合のうち1勝(正確には勝ち点2)をあげれば、来年のリベルタドーレス杯の出場権を獲得する。フラメンゴ優勝の今、残り3試合の見どころは、リ杯進出者と2部降格者がどこになるかとなる。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2020年5月9日 東西南北  イギリスの雑誌「ランセット」が最新号で、ボルソナロ大統領を「ブラジルのコロナウイルス対策の最大の脅威」と呼んで酷評した。同誌は約200年の歴史を誇り、保健関係では世界的な権威だ。大統領は過去に米国やイタリアの新聞でも酷評されている。そんな最中、大統領は今週末、約30人の来客を […]
  • 《ブラジル》2019年10大ニュース=ボルソナロ大統領一色の1年=大統領の息子たちもしばし話題に=南米そのものが荒れ模様2019年12月27日 《ブラジル》2019年10大ニュース=ボルソナロ大統領一色の1年=大統領の息子たちもしばし話題に=南米そのものが荒れ模様  2019年も「激動のブラジル」の印象は変わらず、多くのニュースで賑わったが、それらの中で本紙が独自に順位をつけた10項目を紹介し、振り返ってみる。  第1位は、「ボルソナロ大統領、世界で有名人に」。就任前から「南米のトランプ」として注目され続けていた大統領は、その数 […]
  • 東西南北2019年10月5日 東西南北  3日、パリの市議会がルーラ元大統領を名誉市民にすることを承認した。同市議会はルーラ氏を、「ブラジルにおける社会的かつ経済的な不平等を減らすことに貢献した」という名目で推薦しており、それが認められた。同市のアンヌ・イダルゴ市長も、「3千万人にも及ぶブラジル国民を極貧から救った」 […]
  • 東西南北2019年9月24日 東西南北  ボルソナロ大統領は今日24日にニューヨークでの国連総会でスピーチを行う。大統領に就任してから最大の国際的舞台で、ただでさえ緊張するところに加えて、8月以降、アマゾンの森林火災で国際的に批判を受けた後だけに、大統領自身も「失敗は許されない」とし、今回の演説がかなりのプレッシャー […]
  • 東西南北2019年9月18日 東西南北  ボルソナロ大統領は、腹部のヘルニア手術から8日後の16日にサンパウロ市南部の病院から退院。その日の内にブラジリアに戻り、17日から公務に復帰した。政府広報官は一度、「復帰は19日」と発言、担当医も「まだクリーム状にしたものしか食べられない」というのに、それらを押して復帰した。 […]