ホーム | 日系社会ニュース | 在ブラジル日本大使館職員募集のお知らせ

在ブラジル日本大使館職員募集のお知らせ

 日本国外務省は、令和3年2月1日~令和5年1月31日までの在ブラジル日本大使館職員を臨時募集している。常勤の国家公務員として採用後、ブラジル外交・政治分野の担当官として同大使館にて勤務するとのこと。応募資格は以下の通り。
(1)大学卒業又は同等の学歴を有する者。  (2)一定水準程度の英語力を有する者。ポルトガル語に関する知識を有すれば、なお望ましい。
(3)国際関係等に関する研究又は実務経験を4年以上有すること。中南米(特にブラジル)の外交・政治経済等に関する知識や経験を有すれば、なお望ましい。
(4)当該採用期間にわたり、継続して勤務が可能なこと。
(5)日本国籍を有し、外国籍を有しないこと。
 申請締め切りは8月18日まで。問い合わせは電話(03・5501・8286)、外務省中南米局南米課 高元まで。募集詳細はサイト(https://www.mofa.go.jp/mofaj/la_c/sa/page24_001126.html)で確認を。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 日本移民と感染症との戦い=世界最大の日本人無医村で(12)=見るも恐ろしい「森林梅毒」2020年7月22日 日本移民と感染症との戦い=世界最大の日本人無医村で(12)=見るも恐ろしい「森林梅毒」  戦前、日本移民の最大の敵はまさにマラリアや森林梅毒、十二指腸虫病、トラコーマ、黄熱病などの感染症だった。  中でもマラリアの次に、戦前の日本移民を悩ませたのが「リーシュマニア症」で、移民は「森林梅毒」と呼んでいた。ポ語では「Leishmaniose」、ポ語通称「ferida […]
  • 岐阜県人会絵画展オンラインで=月末まで日本からも作品募集2020年7月10日 岐阜県人会絵画展オンラインで=月末まで日本からも作品募集  ブラジル岐阜県人会(長屋充良会長)は在サンパウロ日本国総領事館と共催で開催する「第16回日伯友情交流絵画展」(橋本マルコス亮委員長)への出品作品をブラジル国内のみならず日本からも募集している。  今回初めての試みとして出展作品をオンラインで11月3日(火)19時から1年間展 […]
  • 尋ね人=谷川淳三さん2020年7月11日 尋ね人=谷川淳三さん  熊本県在住の谷川テニさんが、10年間音信不通の弟、谷川淳三(あつみ)さんを探している。  淳三さんは、熊本県人吉市出身で、1960年2月に「ぶらじる丸」でコチアへ移住した。  消息情報に心当たりのある人は、ブラジル日本語センター理事長の日下野良武さんまで連絡(電話=11・ […]
  • ■ひとマチ点描■ 移民の日法要に画面で参加2020年7月2日 ■ひとマチ点描■ 移民の日法要に画面で参加  6月18日にブラジル日本文化福祉協会とブラジル日本都道府県人会連合会、ブラジル仏教連合会が主催し、日本移民112年を記念した先没者法要がオンラインで開催された。その際、伊藤紀美子山口県人会長は要田武前会長と共に県人会館で法要動画をモニターに映して法要に参加した。  電話取材 […]
  • 文協の図書館再開、事務局と関連施設は休館延長2020年7月4日 文協の図書館再開、事務局と関連施設は休館延長  ブラジル日本文化福祉協会(文協、石川レナト会長)はサンパウロ州・市当局によるクアレンテナ(検疫)延長の指示に従い、文協事務局、日本館、日本移民史料館、国士舘スポーツセンターの施設休館を、7月14日まで延長することを発表した。  なお図書館のみ8日(水)から一部サービス限定で […]