ホーム | 日系社会ニュース | 日本移民と邦字紙の絆=日系メディア百年史(13)

日本移民と邦字紙の絆=日系メディア百年史(13)

日系メディア史(13)=鈴木南樹(貞次郎)夫妻

日系メディア史(13)=鈴木南樹(貞次郎)夫妻

⑤娯楽を求める心理、団体組織化
 1922年にはブラジル独立百周年記念日を祝福して日本帝国海軍の練習艦が初訪問し、サントス港に海国日本の偉容を示した。長い間日本に触れたことなかった移民の中には、隊員たちの腕にしがみついて感涙するものがあったという。
 翌1923年にはこれまでの公使に代わって初めて大使館が設置され、初代田付七太大使が派遣されるなど、日本国の勢威をブラジル人に示すようなことが相次ぎ、在留邦人は自信を深めた。
 1920年代前半には黎明期の植民地造成も一段落し、ただ牛馬のごとく働いてきた初期移民たちはようやく一息ついた状態になり、味気ない開拓生活の中で楽しみを求める気持ちが強くなった。サンパウロ州の植民地で日本人地主や借地自営農が増え、経済基盤がようやく固まり、文学活動が徐々に盛んになってきた時期でもある。
 経済基盤が整って、文化を語る精神的な余裕が出来た時代となった。初期の植民地では同好者による短歌や小説などの集いがもたれるなどの文芸活動の萌芽が見られ、まずは植民地の青年会の会報に発表して腕試しをし、次に邦字紙に発表するという形でステップアップしていった。
 ブラジル事情と移民社会の状況の一括紹介を目的に、1922年9月にブラジル時報社が『新進之伯剌西爾』、聖州新報社が『北西年鑑』(1924年3月)、『のろえすて年鑑』(1927年)、『ノロエステ、ソロカバナ、パウリスタ線邦人年鑑』(1930年)などの年鑑モノがこの時代に始まった。前半に特集記事、後半に各地の商店や農家の広告を載せる年鑑の形式が一般的になった。
 一方で、地方から聖市に転住してくる移民も増え、1925年に唯一の親睦団体、当時のコロニアの上流階級ともいえる「サンパウロ日本人倶楽部」が生まれた。そのような聖市の環境において、移民の子弟教育を目的にした雑誌として、小林美登利が設立した聖州義塾が1924年1月から雑誌『市民』を、1927年6月から『塾友』を発行し、この種の教養雑誌の嚆矢となった。

(2)戦前の邦字紙全盛期(1926~1936年)

①ノロエステ地方に激増した読者層

 日本では昭和恐慌(1930~1934年)が、国民の生活を直撃し、都市部はもちろん農村部においても不況と凶作が重なり移民送出圧力をたかめていた。ところが最大の移民受け入れ国だった米国では、別名「排日移民法」とよばれる1924年移民法が作られた。
 これは、1890年の国勢調査の時の外国移民の人口を出生国別に分けて、各人口の2%に相当する人数をその国からの年間移民許可数に設定したもので、法律の条文には直接に日本移民の禁止とは書いていないが、「帰化不能外人の入国を禁じる」との条項があり、「米国市民になることのできない外国人」とは即ち、アジア系移民を意味した。(敬称略、つづく、深沢正雪記者)

 

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 安慶名栄子著『篤成』(22)2021年6月11日 安慶名栄子著『篤成』(22)  当時、恒成は「へいや」という名の通った新聞社に入社する事が出来ました。そこで仕事をしたおかげで日本語の読み書きが一層磨かれ、流暢な日本語を使えるようになりました。そして夜間学校では自動車工学を学んでいました。  父は兄に農民になってほしくなかったのでした。頭がよく、漢字まで […]
  • 東西南北2021年6月5日 東西南北  今週後半から来週にかけてはサッカーのW杯南米予選の期間だが、その間も全国選手権は休まず続けられる。今日はサンパウロが敵地でアトレチコ・ゴイアニエンセと、サントスが本拠地でセアラーと対戦。明日はコリンチャンスが敵地でアメリカMGと、パルメイラスが本拠地でシェペコエンセと戦う。全 […]
  • 《ブラジル》コパ・アメリカ開催地に急きょ決定=コロンビア、アルゼンチンが中止で2021年6月1日 《ブラジル》コパ・アメリカ開催地に急きょ決定=コロンビア、アルゼンチンが中止で  南米サッカー連盟(CONMEBOL)が5月30日、6月に開催予定のコパ・アメリカの開催予定地だったアルゼンチンでの開催をコロナ禍を理由にキャンセル。翌日には一転し、ブラジルでの開催を発表した。5月31日付現地サイトが報じている。  CONMEBOLは5月30日の夜1 […]
  • 東西南北2021年6月1日 東西南北  大統領長男フラヴィオ上議は5月31日、新たな所属政党はパトリオッタと発表した。同上議は5月26日に所属していた共和者を離党。次の政党がどこになるかが注目されていた。他方、ボルソナロ大統領は現在、進歩党との入党交渉がささやかれている。同党はボルソナロ氏の以前の所属政党で、現在も […]
  • 東西南北2021年5月29日 東西南北  このところ、23日のボルソナロ大統領自身も参加したリオ市でのバイク・デモをはじめ、大統領支持派のデモが目立っていたが、今日29日は反ボルソナロ派による大規模デモが予定されている。報じられているところによると、すでに少なくとも全国85市での開催が決まっているとか。大統領支持者の […]