ホーム | 日系社会ニュース | 日本移民と邦字紙の絆=日系メディア百年史(13)

日本移民と邦字紙の絆=日系メディア百年史(13)

日系メディア史(13)=鈴木南樹(貞次郎)夫妻

日系メディア史(13)=鈴木南樹(貞次郎)夫妻

⑤娯楽を求める心理、団体組織化
 1922年にはブラジル独立百周年記念日を祝福して日本帝国海軍の練習艦が初訪問し、サントス港に海国日本の偉容を示した。長い間日本に触れたことなかった移民の中には、隊員たちの腕にしがみついて感涙するものがあったという。
 翌1923年にはこれまでの公使に代わって初めて大使館が設置され、初代田付七太大使が派遣されるなど、日本国の勢威をブラジル人に示すようなことが相次ぎ、在留邦人は自信を深めた。
 1920年代前半には黎明期の植民地造成も一段落し、ただ牛馬のごとく働いてきた初期移民たちはようやく一息ついた状態になり、味気ない開拓生活の中で楽しみを求める気持ちが強くなった。サンパウロ州の植民地で日本人地主や借地自営農が増え、経済基盤がようやく固まり、文学活動が徐々に盛んになってきた時期でもある。
 経済基盤が整って、文化を語る精神的な余裕が出来た時代となった。初期の植民地では同好者による短歌や小説などの集いがもたれるなどの文芸活動の萌芽が見られ、まずは植民地の青年会の会報に発表して腕試しをし、次に邦字紙に発表するという形でステップアップしていった。
 ブラジル事情と移民社会の状況の一括紹介を目的に、1922年9月にブラジル時報社が『新進之伯剌西爾』、聖州新報社が『北西年鑑』(1924年3月)、『のろえすて年鑑』(1927年)、『ノロエステ、ソロカバナ、パウリスタ線邦人年鑑』(1930年)などの年鑑モノがこの時代に始まった。前半に特集記事、後半に各地の商店や農家の広告を載せる年鑑の形式が一般的になった。
 一方で、地方から聖市に転住してくる移民も増え、1925年に唯一の親睦団体、当時のコロニアの上流階級ともいえる「サンパウロ日本人倶楽部」が生まれた。そのような聖市の環境において、移民の子弟教育を目的にした雑誌として、小林美登利が設立した聖州義塾が1924年1月から雑誌『市民』を、1927年6月から『塾友』を発行し、この種の教養雑誌の嚆矢となった。

(2)戦前の邦字紙全盛期(1926~1936年)

①ノロエステ地方に激増した読者層

 日本では昭和恐慌(1930~1934年)が、国民の生活を直撃し、都市部はもちろん農村部においても不況と凶作が重なり移民送出圧力をたかめていた。ところが最大の移民受け入れ国だった米国では、別名「排日移民法」とよばれる1924年移民法が作られた。
 これは、1890年の国勢調査の時の外国移民の人口を出生国別に分けて、各人口の2%に相当する人数をその国からの年間移民許可数に設定したもので、法律の条文には直接に日本移民の禁止とは書いていないが、「帰化不能外人の入国を禁じる」との条項があり、「米国市民になることのできない外国人」とは即ち、アジア系移民を意味した。(敬称略、つづく、深沢正雪記者)

 

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》コパ・アメリカでセレソンが3連勝=後半終盤にコロンビアを逆転2021年6月25日 《ブラジル》コパ・アメリカでセレソンが3連勝=後半終盤にコロンビアを逆転  23日、サッカーのコパ・アメリカでブラジル代表(セレソン)対コロンビアの一戦が行われ、後半終盤に試合をひっくり返し、2―1で勝利したセレソンが3連勝を飾った。24日付現地紙が報じている。  リオ市のニウトン・サントス・スタジアムで行われたこの1戦、先制したのはコロン […]
  • 東西南北2021年6月22日 東西南北  20日のサッカーの全国選手権。サンパウロはサントスにボール占有率で勝りながら、0―2で敗戦。5試合終わって3敗2分の18位と苦しんでいる。今季はここまで意外な展開で、上位3チームをアトレチコ・パラナエンセ、フォルタレーザ、ブラガンチーノといった伏兵が占めている。強豪たちもそろ […]
  • 【日本移民の日2021年】歓喜を味わい、過去を振り返る時=ブラジル都道府県人会連合会 会長 市川利雄2021年6月22日 【日本移民の日2021年】歓喜を味わい、過去を振り返る時=ブラジル都道府県人会連合会 会長 市川利雄  ブラジル日本移民113周年記念は歓喜を味わい、過去を振り返る時ではないでしょうか! 「歓喜を味わうとは」――日本移民の経済、農業、園芸、果実、セラード開発、料理、各分野で活躍する有能な人材、さらに、その歴史の継承などはブラジル社会に認められ、高く評価されています。 「振り […]
  • 【日本移民の日2021年】「日本移民の日」に寄せて=在サンパウロ日本国総領事 桑名良輔2021年6月19日 【日本移民の日2021年】「日本移民の日」に寄せて=在サンパウロ日本国総領事 桑名良輔  6月18日「日本移民の日」を迎えるにあたり、皆様にご挨拶を申し上げます。1908年に笠戸丸がサントス港に到着してから今年で113年となります。  昨年8月に着任した私にとっては今回が初めての移民の日となります。先日、サンパウロにあるブラジル日本移民史料館を訪問し、レ […]
  • 【日本移民の日2021年】日本移民113周年記念日に寄せて=サンパウロ日伯援護協会 会長 税田 パウロ 清七2021年6月19日 【日本移民の日2021年】日本移民113周年記念日に寄せて=サンパウロ日伯援護協会 会長 税田 パウロ 清七  1908年(明治41年)6月18日、笠戸丸に乗った最初の日本移民781人がサントス港に上陸して113年の歳月が流れました。そして今や、ブラジル日系社会は200万人を擁する大きなコミュニティーに発展いたしました。先達の皆様方の幾多のご労苦とご功績に対し、深甚なる感謝の念と敬意を […]