ホーム | 日系社会ニュース | 元コチア産組の関係者=20日に合同慰霊祭

元コチア産組の関係者=20日に合同慰霊祭

ニッケイ新聞 2008年9月6日付け

 第五十一回元コチア産業組合関係者の合同慰霊祭が、二十日午前十時から、コチア市のサントアントニオ・デ・ポルタ教会で営まれる。コチア旧友会の真里谷ドミンゴス会長、志村啓夫(ひろお)、長田勝両役員、村田重幸コチア青年連絡協議会理事の四人が案内のため三日午前に来社した。
 元コチア組合の理事、組合員、従業員、コチア青年先没者の合同慰霊祭を始めてから五十一年目。「毎年やっていこう」を合言葉に、コチア組合清算委員会、旧従業員会、青年連絡協議会が中心となって続けてきた。
 五十年目の昨年は百人ほどが集まり、盛大に執り行われた。真里谷会長ら一行は、「今年も万障お繰り合わせの上、ご参加くださるようご案内申し上げます」と呼びかけた。
 午前十時からのミサ後、同市日伯友好公園内の日本庭園にある慰霊碑に献花する予定。

image_print

こちらの記事もどうぞ