ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

ニッケイ新聞 2008年9月17日付け

 サンパウロ州グアルジャー市で十四日に行方不明になった三二歳のサーファー、ヴィレーラ氏。若者四人がサーフィンの最中に波にさらわれたのを目撃し、二人を救出した後、同氏自身が波にさらわれたもので、他の二人は自力で脱出した。捜索活動中のジェット・スキーが転覆した十五日以上に海が荒れた日の出来事。波間に消えた英雄の安否を市民も気遣っている。
     ◎
 サンパウロ市東部シダーデ・チラデンテスで十五日朝産気づいたロベルタさん。主人が救急車の出動を求めに行っている間にお産は進み、八歳の長男の助けを得て、無事に女児出産。母親と女児は救急車ならぬパトカーで病院に運ばれたが、父親は「息子は英雄だ」と褒めることしきり。自分のベッドを提供し、母親の指示を受けながら出産を手伝ったロベルト君。へその緒を切ったのは母親自身だったという。
     ◎
 飲酒運転禁止法が厳しくなってからの交通事故死亡者は減少したが、それでも死者の三人に一人は飲酒状態。二〇〇七年八月の調査では四五・四五%だったものが、二〇〇八年八月は二八・五七%に減少した。一方、銃器による殺人の被害者で酒を飲んでいたのは、〇七年八月の四一・一八%に対し、〇八年八月は二八・三三%で、交通事故以外でもレイ・セッカの効果が出たと、サンパウロ総合大学犯罪医学の教授がコメント。
     ◎
 パラリンピックでは、陸上男子T11の四〇〇米でルーカス・プラドが三つ目の金、同女子T11の二〇〇米も金。水泳男子S10の四〇〇米自由形で金のアンドレー選手は四つ目。陸上男子T42~46の四〇〇米リレーと卓球クラス3男子ダブルスは銀、陸上男子T46の一〇〇米は銅。

image_print

こちらの記事もどうぞ