ホーム | 日系社会ニュース | NAK=第3回世界アマチュア歌謡祭=20、21日、バルエリ市立劇場で

NAK=第3回世界アマチュア歌謡祭=20、21日、バルエリ市立劇場で

ニッケイ新聞 2008年9月17日付け

 ブラジル日本アマチュア歌謡連盟(NAK DO BRASIL、北川好美会長)とパンアメリカン・ブラジル日系人協会(矢野敬崇会長)の共催による「第三回世界アマチュア歌謡祭イン・ブラジル」が二十、二十一両日、バルエリ市立劇場(R.Ministro Raphael de Barros Monteiro,255,Jardim dos Camargos)で開催される。
 矢野会長、栗崎邦彦実行委員長と渡部一誠USP教授、寒野正留NAKサンパウロ市アケボノ支部長が案内のため来社した。
 百周年を記念して実施される同歌謡祭。昨年サンパウロ市で開かれた海外・汎米日系人合同大会の際、両団体が国際カラオケ大会を共催したことが縁で、今回も共催することが決まった。米国、メキシコ、パラグアイ、ペルーなどからも歌い手と、同地日系人協会の関係者が来伯する予定だ。
 開催にあたってはバルエリ市が、会場やトロフィーなど全面的に協力した。案内に来社した矢野会長は「市長が乗り気で、町を挙げてやってくれます」と話す。
 会場は六百人が入場可能。大会は二十日が午後一時から午後八時ごろ、二十一日は午前八時から午後八時ごろまで開催。二十一日午前十一時ごろから開会式を行なう。
 大会には約三百人が出場。二十日と二十一日午前中に予選を行ない、同日午後から各国の出場者を交えたインターナショナル決勝大会を行なう。
 入場無料。来社した一行は「ぜひたくさんの方に来てほしい」と来場を呼びかけた。
 問合わせはNAK(11・2275・8277)まで。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 第62回パウリスタ・スポーツ賞=特別賞8人含め25氏に栄冠=110周年記念して将棋にも=サンパウロ市議会で4日に授賞式2018年4月5日 第62回パウリスタ・スポーツ賞=特別賞8人含め25氏に栄冠=110周年記念して将棋にも=サンパウロ市議会で4日に授賞式  伝統あるニッケイ新聞主催の『第62回パウリスタ・スポーツ賞』授賞式が来月4日夜、サンパウロ市議会の貴賓室で行われ、25人に栄えある記念プレートが授与される。戦後の日系スポーツ振興を目的に創設され、今年で62回目を迎えた。今回は日本移民110周年を記念して特別賞に将棋部門を設け […]
  • 羅府新報社内の新聞保管庫で、過去の紙面を前に語る現社長の駒井幹夫=ロサンゼルス(撮影・水野陽介、共同)2015年5月21日 北米=日系社会の盛衰映す羅府新報=語り継ぎ、記録する責任  【共同】1941年12月7日深夜。米西海岸ロサンゼルスの邦字紙「羅府新報」の駒井豊策社長が長い一日を終えて帰宅すると、米連邦捜査局(FBI)の捜査官たちが待ち受けていた。日曜日だったこの日未明(米太平洋時間)、ハワイの真珠湾を日本軍が奇襲攻撃した。羅府新報は通 […]
  • 在聖総領事館=成田強領事部長が退官=飯田茂さんが後任に2014年3月26日 在聖総領事館=成田強領事部長が退官=飯田茂さんが後任に ニッケイ新聞 2014年3月26日 2011年3月から3年間、在サンパウロ総領事館に勤務した成田強領事部長(63、新潟)が退官するにあたり、飯田茂さん(61、埼玉)が就任、あいさつのため本紙を訪れた。 成田さんは欧州、中東、アフリカ諸国が主な海外勤務地で、ブラジル駐在は初めて […]
  • 日本語センター=汎米教師研修がスタート=18人が「協働」テーマに2013年7月31日 日本語センター=汎米教師研修がスタート=18人が「協働」テーマに ニッケイ新聞 2013年7月19日  ブラジル日本語センターで15日、『第28回汎米日本語教師合同研修会』の開講式が開かれた。27日までの約2週間、「協働」をテーマに15人の講師らが日本語教育のノウハウを伝授、18人の受講者が教師の腕を磨く。 […]
  • 連載小説=移り住みし者たち=麻野 涼=第3回2013年1月30日 連載小説=移り住みし者たち=麻野 涼=第3回 ニッケイ新聞 2013年1月30日付け  母親は「苦労して大学にやったのに、地球の反対側の新聞社に就職することはないだろう」としきりに嘆いていた。  その夜、美子から電話が入った。 「明日の夜ですね、出発は」美子の声は沈んでいた。 「そうだよ」児玉は事務的な答えを返した。 […]