ホーム | 日系社会ニュース | インスティトゥート・パウロ小林=サンパウロ市南部に無料パソコン教室

インスティトゥート・パウロ小林=サンパウロ市南部に無料パソコン教室

ニッケイ新聞 2008年9月23日付け

 インスティトゥート・パウロ小林(小林ヴィトル代表)は先月二十日、サンパウロ市南部のシダーデ・アデマールに、高齢者や低所得者を対象とした新たなパソコン教室を開設した。
 この教室の受講者は、講師をつけて無料でワードやインターネット検索、電子メールの使い方を学ぶことができる。コースは三カ月単位で、定員は二十人。
 すでに希望の家やカンピーナス文協、サウーデ文協などにもコースがあり、今年中にはさらにサンパウロ市内・近郊で四つの教室を開講予定だという。
 インスティトゥート・パウロ小林は、サンパウロ市各地の日系団体と連携しながら社会福祉事業を展開している。

image_print

こちらの記事もどうぞ