ホーム | コラム | 大耳小耳 | 大耳小耳

大耳小耳

ニッケイ新聞 2008年9月26日付け

 サンパウロ州教育局の教育プログラム「ビバ・ジャポン」の一環で文協の移民史料館を訪れる公立学校の子供たちを見かける。先日、二つのうち一つのエレベーターが使用不可になっていたため、子ども達がずらっと列になって待機。百人近い子ども達をぎゅうぎゅう詰めにして何回もピストン輸送したものだから、他の高齢者も含めた利用者が使えない状態になっていた。元気一杯の子ども達、体育の授業も兼ねて、歩いて七階まで行ってくれませんかね。
     ◎    
 Jリーグ浦和レッドダイアモンズで活躍中の日系三世、田中マルクス闘莉王選手(27)が百周年を記念したアルバム「TRIP IN BRAZIL」を発売するとして話題を呼んでいる。
日本メディアによれば、現役JリーガーによるCD発売は前代未聞だという。有名日系人が自ら百周年の旗を振るのは意義があるが、もうちょっと早い時期であれば相乗効果が期待できたかも。
     ◎
 二十四日に第九十二代目首相に就任した麻生太郎氏。官房長官に河村建夫氏など、ブラジルに縁の深い人たちの内閣入りに喜びの声を上げるコロニア。一方で「今回首相になったけど、次回の選挙で負けたら意味がなくなるのでは」と次期総選挙を危惧する声もちらほら。日伯交流年の年だけに、日伯関係強化を期待したいが、次回の総選挙がいささか気になるところ。

image_print

こちらの記事もどうぞ