ホーム | コラム | 大耳小耳 | 大耳小耳

大耳小耳

ニッケイ新聞 2010年5月1日付け

 2日に念願の新会館落成式を挙行する千葉県人会。知事としては初来伯、式典に出席する森田健作県知事も先月30日に日本を出発した。県からはこれに先立って浜本憲一報道広報課長が一足早く着伯し、29日の県連代表者会議で落成式と同日の知事特別講演会への参加を呼びかける熱心さ。産経新聞によれば森田知事は、報道陣の取材に対し「日系人の方々のこれまでの労をねぎらい、今後、日系人社会がどうブラジルに貢献し、友好に尽力していただけるかうかがいたい」と話したという。
     ◎
 10月に実施される県連のふるさと巡り。今回はボリビアの移住地を訪れるということもあり、現段階で早くも満席に近い人気だという。満席になった後も約20席までは増やすことが可能だそうで、まだ申し込みを受け付けている。問い合わせはグローバル・サービス旅行社(11・3572・8990)まで。
     ◎
 日本では、ゴールデンウィーク(GW)と呼ばれる大型連休の影響で空港などが混雑を見せはじめているようだ。かつては「黄金週間」とも呼んだ。GWの由来は、映画会社の大映が1951年に封切った『自由学校』が正月やお盆を超える興行成績を残したことから、映画界でこの時期に収益を見込む宣伝用語だったらしい。なお、中国では、99年から政府が経済効果を見込んで年2回導入した「黄金周」があるとか。

image_print

こちらの記事もどうぞ