ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

ニッケイ新聞 2008年9月27日付け

 慢性気管支炎の治療で使う薬品の併用が心筋梗塞や脳血管障害の危険を高めると米国研究者が報告。問題となったのは、気管支拡張剤と抗コリン薬を併用した場合で、一カ月以上連続使用した患者が心筋梗塞や脳血管障害を起こす率は、通常より五八%高いという。薬品の併用は問題を引起こす可能性が高く、複数の医師にかかる場合、処方箋を持参し、複合効果や副作用のことを確認するといった注意も必要だ。
     ◎
 二十五日にやっと国内発売解禁となったアップル社のiPhone。VivoとClaroが扱うが、販売初日を待ち切れない人たちが二十四日のオペレーターの催しなどに殺到したとも。値段は機種によって八九九~二五九九レアルと差があるが、多機能性や容量の大きさなどで知られ、日本で販売された時も長蛇の列が出来たもの。
     ◎
 サンパウロ市では、二十七日から地下鉄のイタケーラ、カロン、セーの各駅での自転車貸出し開始。一時間は無料で、その後は一時間二レアル。一日五〇レアルの方法もあるが、支払はクレジットカードで。登録証作成には、身分証明書の他、クレジットカードのコピーが必要。同日から、前述の駅での駐輪場と、イタケーラ~ギリェルミーナ・エスペランサ間の自転車専用レーン六キロも利用できるようになる。
     ◎
 ブラジル人に対するビザを義務化するといきまいていた英国が、ビザの義務化をあきらめたという。不法滞在者の防止のために入国拒否すべき国のリストからも外されたようだが、背景には、欧州連合(EU)外の国からの労働力を必要とする国々の存在などもある様子。留学や正規の手続きを経ての入国者にはチップ入りカードも発行される。

image_print

こちらの記事もどうぞ