ホーム | コラム | 樹海 | コラム 樹海

コラム 樹海

ニッケイ新聞 2008年10月22日付け

 十一月四日の米国大統領選挙まで二週間を切った。ニュースでオバマ候補が「黒人」と報じられることに違和感を覚えている人も多いだろう。当地的にいえばパルド(混血)だ▼かつて米国には「血の一滴ルール」があり、わずかでも混じっていれば黒人と扱われた。今もその影響が残り、父がケニア人の同候補は米国的には黒人だという▼ブラジルでは真っ黒い肌の人が黒人であって、傍目にはかなり濃くても本人はパルドと認識していることが多い。少々混じっているくらいでは白人と自己申告もできる▼二月二十二日付けオ・ポーボ紙はグローボTV局のドラマを題材に人種差別批判の論説を掲載した。「白人か金髪が、富裕な黒人に仕えている姿を一度もテレビで見たことがない」という。さらに「テレビドラマがブラジル人のアイデンティティ形成に及ぼす影響は強い」と強調し、金持ち白人に仕える黒人家政婦というパターンが「国民意識の白色化を補強する働きをしている」と論じた。事実、黒人系の多い貧困層出身のサッカー選手が成功した後、結婚相手の大半は金髪女性だ▼ブラジル政府は実際、四〇年頃までブランキアメント(白色化)政策をやってきた。ドイツ系、イタリア系などの欧州移民を積極的に導入したのは、それまで人口の大半を占めた黒人を〃薄める〃ためだったという。日本移民は黄色という理由で、当初は受け入れに難色が示された歴史もある▼かと思えば、「混血が普通のブラジルに人種差別はない。あるのは経済格差だけ」という言説も根強く、「黒人」という言葉一つとっても、一筋縄ではいかない現実が横たわっている。(深)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 有名日系経営者と日本語で許しを乞う乞食の格差2019年9月3日 有名日系経営者と日本語で許しを乞う乞食の格差  「セグランサ(治安)の問題があるから、名前と写真は出さないでくれ」――8月28日夜、サンパウロ市のジャパン・ハウス内のレストラン藍染で行われた、TOTOの便座およびウォシュレット製品の発売開始式で、それを専売するFAST […]
  • ニッケイ歌壇(516)=上妻博彦 選2016年7月13日 ニッケイ歌壇(516)=上妻博彦 選 アルトパラナ  白髭ちよ 楽しみが又一つ消えて行く吾が人生の日暮時かな 歌友も師も無き吾の歌の道日日の歩みを短歌に託し テレビにて見とれる日本の桜花恋いつつ逝きし父母に見せたき ひと度も訪日かなわず逝きし父在らばNHK視せましものを いかばかり恋しかりしやふるさとを偲 […]
  • ジウマ大統領(Foto: Ichiro Guerra/Dilma 13)2015年1月13日 リオ五輪で抗議行動は起きるか?=「ゆがみ」を直す「ゆがみ」とは=PB疑惑次第で弾劾裁判も?! W杯はゴネ時と見る一部過激派 2014年はW杯が6月に、大統領選挙が10月にあった。だからその直前の3~5月をゴネ時とみた組合の一部過激派が造反までした。たとえば5月20、21日にサンパウロ市民を大混乱に陥れたバス運転手と車掌のストは、組合の決議に従わない一部の過激派が […]
  • 名物スポーツアナ、ルシアーノ死去=サッカー以外のスポーツにも尽力2014年4月23日 名物スポーツアナ、ルシアーノ死去=サッカー以外のスポーツにも尽力 ニッケイ新聞 2014年4月23日  ブラジルでのスポーツ実況中継における重要人物の一人に数えられる名物アナウンサー、ルシアーノ・ド・ヴァーレが19日、飛行機の中で心臓発作を起こして急死した。66歳だった。 1947年にサンパウロ州カンピーナスで生まれたルシアーノは、16歳のと […]
  • イタケロンでまた死者=現場周辺の作業一時中止2014年4月2日 イタケロンでまた死者=現場周辺の作業一時中止 ニッケイ新聞 2014年4月2日  6月12日に開催されるサッカーW杯の開会式会場となるサンパウロ市東部のアレーナ・コリンチャンス(通称イタケロン)で3月29日、座席増設作業中の作業員が約10メートルの高さから転落して死亡する事故が起き、サンパウロ州の雇用・労働地方監督局(SR […]