ホーム | 日系社会ニュース | 交流年記念=アート展「大海を挟む隣国」=日本の作家も訪れ開会式

交流年記念=アート展「大海を挟む隣国」=日本の作家も訪れ開会式

ニッケイ新聞 2008年12月10日付け

 【既報関連】百周年、交流年を記念したアート展「大海を挟む隣国―日本とブラジル、百年の近接」が四日、サンパウロ市のメモリアル・ダ・アメリカ・ラチーナ(Av.Auro Soares de Moura Andrade,664)ではじまった。
 同展は、日本の日伯アーティスト交流団体「JBAC」(ジャパン・ブラジル・アート・センター)により川崎市で九~十月に開催された日伯交流アート展のブラジル側展示会。
 今回はブラジルのアーティストグループ「Linha Imaginaria」がコーディネートし、メモリアル財団(フェルナンド・レッサ会長)などが主催。四日夜の開会式には、出品作家はじめ両国の関係者が訪れた。
 レッサ会長は、日系人シンポジウムなど同財団が今年開催した百周年記念行事の紹介とともに、日系人の伯美術界への貢献に触れ、アートを通じた日伯交流という同展示会の趣旨を「とても良いアイデアだと思う」と称賛、開催を喜んだ。
 同展には、両国二十九人の芸術家による絵画、彫刻、陶芸、写真、映像など様々な分野の作品が出品されているほか、造形作家・大竹富江さんの足跡を紹介するスペースなどもある。開会式後は会場の各所で、作品について作者に質問する来場者の姿が見られた。
   ▽   ▽
 日伯で開催された今回のアート展。作品だけの移動でなく、アーティスト同士の交流にも重点が置かれており、日本側展示会にはブラジルから十人、今回は日本から四人の出品作家が訪れた。
 今月はじめに来伯し、日本の藁とブラジルの泥を使った作品を開会式当日までかけて制作した三梨伸JBAC代表は、両国で無事開催されたことを喜び、「日本でも苦労したけど、ブラジル側も苦労があったと思う」と関係者へ感謝。さらに「日系人を通してブラジルとのつながりが広がった。ブラジルの作家が日本を気に入ってくれたことも嬉しい」と振り返り、「今回のつながりをさらに広げていければ」と語った。
 同展は一月二十五日まで開催(午前九時から午後六時、月曜休館)。入場無料。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 今週末の催し2008年12月5日 今週末の催し ニッケイ新聞 2008年12月5日付け 土曜日  第一回慈善バザー、六日午前十時半、文協ビル(R.Sao Joaquim,381)、七日も開催     □  夏の蘭展、六日午前九時、文協ビル駐車場、七日まで     □ […]
  • 百周年・交流年=日伯作家29人のアート展=ラ米記念館で4日から2008年12月4日 百周年・交流年=日伯作家29人のアート展=ラ米記念館で4日から ニッケイ新聞 2008年12月4日付け  百周年・日伯交流年を記念した日伯アート交流展「海を越えて―日本とブラジル、百年の接近(ENTRE OCEANOS-100 ANOS DE APROXIMACAO ENTRE JAPAO E […]
  • コパ・アメリカ=日本代表を応援しよう!=17日にサンパウロ市で大事な初戦2019年6月15日 コパ・アメリカ=日本代表を応援しよう!=17日にサンパウロ市で大事な初戦  14日から始まったサッカー南米選手権(コパ・アメリカ)。6月14日から7月7日までブラジル内で開催されるこの大会では、5都市、6会場で試合が行われる。  そのうち、日本代表は17日午後8時から、サンパウロ市モルンビ・スタジアム(Praça Roberto […]
  • コパ・アメリカ=チケット購入はお早めに!=日本代表の初戦は17日サンパウロで開催2019年6月8日 コパ・アメリカ=チケット購入はお早めに!=日本代表の初戦は17日サンパウロで開催  今月14日からいよいよ開幕となるサッカー南米選手権(コパ・アメリカ)。今月17日には日本代表の初戦となるチリ戦がサンパウロ市東部のモルンビースタジアム(Praça Roberto Gomes Pedrosa,  1 - […]
  • ■今週末の催し2017年4月6日 ■今週末の催し  8日(土曜日)  松柏学園・大志万学院運動会、午前8時、SESIサントアンドレ(Praca Dr.Armando Arruda Primeira, 100, Santa Teresinha)      ◎  モジ秋祭り、午前10時、モジ文協スポーツセンター(Av. […]