ホーム | 日系社会ニュース | JICA=聖出張所に3人が新任=佐久田、長谷川、野本3氏

JICA=聖出張所に3人が新任=佐久田、長谷川、野本3氏

佐久田、野本、長谷川3氏

 JICAブラジル事務所サンパウロ出張所に3月から着任している3人が挨拶のため来社した。

 総務経理担当所員の佐久田朝親(ともちか)さん(47)は、「アルゼンチン生まれで12歳から日本育ち。母国語がスペイン語で、第1外国語が英語、第2外国語が日本語」という変わった経歴を持つ。

 もともと銀行に勤めていたが、02年にJICAへ転職。パラグアイ事務所にも4年半駐在したが、ブラジルは初めてだという。

 同じく新任で、青年やシニア・ボランティアの調整役をする企画調査員の長谷川雅之さん(45、福岡県)はもともと青年海外協力隊員としてボリヴィアのスクレに2000年~02年に赴任し、男子孤児院で野球を教えるなどの青少年活動をしていた。

 その後、JICAに就職して同調査員となり、ブータン、南太平洋のバヌアツに続いて、ブラジルは3カ国目の赴任地。「不安も期待も胸いっぱい。でも出発点はボリヴィアで、根っこは南米。17年ぶりに出発点に戻ってこれた」と感じている。「機会があれば福岡県人会にも顔を出したい」とのこと。

 もう一人の企画調査員の野本瑠美さん(38、佐賀県)も元青年海外協力隊員で、11年~13年にチリで環境教育をしていた。「調査員になって最初の赴任先がブラジル。早く業務をおぼえて、日本との繋がりが感じられるようなボランティア活動を支援していきたい」との抱負を語った。

 青年とシニア・ボランティアの世話をする部署には9人が所属しており、うち日本からの駐在者が5人、現地スタッフが4人の体制。長谷川さんと野本さんに加え、もう3人がすでに活動している。

 

 

 

 

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 伯国、亜国勢が上位席巻=ブエノスで南米相撲選手権大会2019年5月17日 伯国、亜国勢が上位席巻=ブエノスで南米相撲選手権大会  南米相撲協会(籠原功会長)、アルゼンチン相撲連盟共催の「南米相撲選手権大会」が5日、アルゼンチンのブエノス・アイレスの市営体育館にて開催された。男子は24回目、女子は12回目を迎える今大会には、伯国、亜国、チリ、パラグアイの4カ国から12人、28人、3人、6人の計49 […]
  • 東西南北2019年7月11日 東西南北  地理統計院(IBGE)は10日、6月の広範囲消費者物価指数(IPCA・ブラジルの公式インフレ率)が0・01%だったと発表した。これにより、今年上半期の累積インフレ率は2・23%、直近12カ月の累積インフレ率は3・37%となった。0・01%は、6月の値としては、マイナス […]
  • コパ・アメリカ=ブラジル代表、専用合宿所で決勝に向けた調整開始=決勝の相手はペルーに決まる2019年7月5日 コパ・アメリカ=ブラジル代表、専用合宿所で決勝に向けた調整開始=決勝の相手はペルーに決まる  サッカーの南米選手権で、2日にベロ・オリゾンチで行われた準決勝のアルゼンチン戦に2対0で勝利して決勝進出を決めたブラジル代表は、3日から4日未明にかけてリオ州テレゾポリスのCBFの代表チーム専用合宿所に移動。7日の決勝(於:リオ・デ・ジャネイロ市マラカナン競技場)に向 […]
  • ロラパルーザ・ブラジルが開催 8回目を迎える今年の目玉は?2019年4月5日 ロラパルーザ・ブラジルが開催 8回目を迎える今年の目玉は?  5日より、サンパウロ市では毎年恒例となったロック・フェスティバル、ロラパルーザが開催される。2012年に始まったロラパルーザは、今年で8回目を迎える。  ロラパルーザは昨年同様、インテルラゴス・サーキットで3日間開催される。昨年は、この開催日増加が功を奏し、同イベン […]
  • 【日本移民の日2019】サッカー南米一=コパ・アメリカ座談会=100年を超す伝統の大会=日本の浮沈は新星久保次第2019年6月18日 【日本移民の日2019】サッカー南米一=コパ・アメリカ座談会=100年を超す伝統の大会=日本の浮沈は新星久保次第 世界最古の大陸別選手権、コパ・アメリカ 【井戸】ここから少し趣向を変えて、コパ・アメリカの歴史を紹介していきます。ところでコパ・アメリカって何回目かご存知でしたか? 【沢田】いや。 【井戸】1916年に始まったコパ・アメリカは今年で46回目なんです。欧州選手権は1 […]