ホーム | 日系社会ニュース | 今年はホッとした花を=池坊南米支部が初生け=17日

今年はホッとした花を=池坊南米支部が初生け=17日

ニッケイ新聞 2009年1月10日付け

 池坊華道会南米支部(島野蝶子支部長、約百五十支部員)は十七日午前九時から静岡県人会館(ベルゲイロ街193)で恒例の初生けと新年会を行う。島野支部長、高田和枝第一副会長、高・河内ズレイカ第二副会長が案内のため訪れ、来場を呼びかけた。
 当日は九時から十一時まで支部員による「生け込み」。正午から新年会を開く。展示も行われ、午後四時に閉会する予定。
 百周年の昨年は、サンパウロ市文化センターで展示会・ワークショップを開催した同支部。普段生け花を見る機会の少ない非日系人も多数訪れた。島野支部長は「若い人たちが珍しがって見てくれた。感動も大きかったです」と振り返る。
 一年の始まりに花を生けて新年を祝い、〃今年も立派な生け花ができるよう〃願う初生け。島野支部長は「去年は百周年でそわそわしていたので、今年は花もホッとしたものを生けたいですね」と話した。

image_print

こちらの記事もどうぞ