ホーム | コラム | 樹海 | コラム 樹海

コラム 樹海

ニッケイ新聞 2009年1月10日付け

 「(略)記帳のため皇居前広場へ向かう人の波は、昭和天皇崩御が伝えられた早朝から夕闇が迫っても途切れることなく、私語一つ聞こえなかった」とコラム・産経抄は書く。その1989年の1月7日の夕日はことのほか赤かったらしい。この日―今上陛下が即位され年号は平成になる。あれから20年の歳月が流れたけれども短いようで長く、長いようで短い▼激動の世を生き敗戦で打ちひしがれた国民を励まし復興に繋げた裕仁天皇の晩年は病との闘いであり、かなりの痛さも伴ったのではないかと思われる。歴代の天皇のなかで初めて手術を受けられたが、旧来の慣習のようなものがあり癌の病名は伏せられもしたが、香淳皇大后とともに蒼生をこよなく愛し、大いなる崇敬を受けた▼当時は竹下登内閣であり、小渕恵三官房長が、「平成」と揮毫された色紙形を示しながらTVで放映された写真はとても懐かしい。天皇陛下は新年のご挨拶で国際的な金融危機について「国民の英知を結集し、人々の絆を大切にしお互いに助け合うことによって、この国難を乗り越えることを願っております」と述べられたが、ここにも昭和天皇の御心が生きているような気がする▼陛下は戦後50年の平成7年には広島,長崎、沖縄と東京都慰霊堂を参拝し、戦後60年には激戦のサイパン島に向かい「バンザイクリフ」に皇后さまと深々と頭を下げられるなどーあの戦争で鬼籍に入った人々の慰霊に努められている。その天皇陛下も最近は体調を崩されているのは真に心配であり、1日も早いご快復をと祈る日々である。 (遯) 

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 【日本移民112周年記念】コロナ禍に立ち向かう日系社会の皆様へ=駐ブラジル日本国特命全権大使 山田彰2020年9月28日 【日本移民112周年記念】コロナ禍に立ち向かう日系社会の皆様へ=駐ブラジル日本国特命全権大使 山田彰  ブラジルへの日本人移住112周年を記念する「移民の日特別号」の発行をお慶び申し上げます。  日本とブラジルの緊密な友好関係の重要な礎となっているのが、ブラジルにおける日系社会という特別な人的な絆です。日本人移住者及び日系人の皆様は、移住後に大変なご苦労を経験されまし […]
  • 本紙への寄付者芳名2020年9月26日 本紙への寄付者芳名  ブラジル相撲連盟の赤木政敏(あかぎまさとし)相談役、エンポリオ古賀(ニッケイ新聞代理店)、大矢進貞さん(ゆきさだ)、おもいで酒場パブラオケ、林ヨシノブ・パウロさん、平延渉さん(ひらのぶわたる)、匿名希望の篤志家の皆さまより寄付をいただき、ありがとうございました。 […]
  • 《記者コラム》パンデミックは好機?! 一気に進む世代交代2020年9月22日 《記者コラム》パンデミックは好機?! 一気に進む世代交代  「戦後移民の時代」は訪れることなく、過ぎ去った。結果的に、それで良かったのかもしれない。アアダコウダ言わず、素直にそう考えた方が前向きか。30代、40代の若者らが中心になって実施され、実に手際よく広範な内容を含みつつ、コンパクトに凝縮された「文協統合フォーラム2020」( […]
  • ■訃報■本紙営業・阿部ヤエコさん2020年9月15日 ■訃報■本紙営業・阿部ヤエコさん  本紙営業部に長年勤務した阿部ヤエコさんが12日午前、サンパウロ市南部にある自宅で亡くなった。十二指腸癌の持病があり、当初は胆石治療のために入院した。12日にいったん退院した後、背中の痛みを覚えるなど急変。強い吐き気をもよおして息が詰まり、午後7時半頃に亡くなった。享年 […]
  • 手塚治虫の絶筆『グリンゴ』=ブラジル日系社会が遺作に(上)2020年9月4日 手塚治虫の絶筆『グリンゴ』=ブラジル日系社会が遺作に(上)  『火の鳥』『ブラック・ジャック』などの傑作を次々に発表し、存命中から“マンガの神様”と呼ばれていた天才漫画家・手塚治虫(1928―1989年)を知らない日本人は少ない。しかし、彼の未完の絶筆『グリンゴ』がブラジル日系社会をモデルにしていたことはあまり知られていない。 […]