ホーム | 連載 | 2009年 | ブラジルで白球追う少年たち=9年目のヤクルト野球アカデミー | ブラジルで白球追う少年たち=9年目のヤクルト野球アカデミー=連載〈下・終〉=課題は資金と指導者育成=佐藤監督「勝ち負けにこだわらず」

ブラジルで白球追う少年たち=9年目のヤクルト野球アカデミー=連載〈下・終〉=課題は資金と指導者育成=佐藤監督「勝ち負けにこだわらず」

ニッケイ新聞 2009年1月14日付け

 ブラジル野球界では様々な問題を抱えている。現在の課題と現状、ヤクルト野球アカデミーが目指している野球などについて、佐藤允禧監督に語ってもらった。
 今一番問題になっていることは資金面。二〇一二年のロンドンオリンピックから、野球が競技から外れるため、ブラジルオリンピック協会からの補助金がゼロになる。今まで、補助金を遠征費用などに充てていたが、今後はブラジル野球・ソフトボール連盟、選手たちでまかなわなければならなくなる。
 用具不足は恒常的な問題だ。特に消耗品のボールは常に不足しており、バットがブラジルで生産されていないことも大きな影響を与えているという。
 その他、指導者の認識・技術不足も深刻だ。
 以前は、技術移民として渡伯した日本人たちが教えていたが、現在、日本人指導者は佐藤監督を含めて僅か四人。世代交代が進む中、二世、三世の指導者たちが徐々に増えてきている。
 しかし、ポルトガル語の指導書がないために、過去の経験で教える人たちが大半。選手一人一人にあった練習方法を教えていないため、基礎ができていない選手が多いという。佐藤監督は「技術書を読む人は少ないし、コーチの勉強不足が困る」と現状を嘆く。
 さらに「キューバ人の技術指導は良いが、生活指導などはしないからちょっと困る」と述べ、「野球は試合に勝つことは大事だが、人間性を失ってはいけない。体と精神を鍛えていくのがスポーツ。勝ち負けにこだわりすぎでは、違う方向にいってしまう可能性がある」と同アカデミーが目指す野球指導について語った。
 佐藤監督は「野球をやった子たちで今まで大きな罪を犯した子はいない」と話すが、そうした危険な状況にも危惧を表す。「犯罪や麻薬に染まって欲しくない。それが一番の心配」と心情を吐露した。この他、審判の技術レベルについても触れ、「品のある野球をしてほしいし、見苦しい野球をしてほしくない」と述べた。
 最後に、日本で活躍する選手たちについて聞いた。監督は一転して、「ここに入学して、巣立っていった人たちが日本やアメリカで活躍しているニュースを聞くと嬉しくなる」と目尻を下げた。(終わり、坂上貴信記者)
写真=佐藤監督(左)から話を聞くアカデミーの選手たち



image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 【日本移民112周年記念】コロナ禍に立ち向かう日系社会の皆様へ=駐ブラジル日本国特命全権大使 山田彰2020年9月28日 【日本移民112周年記念】コロナ禍に立ち向かう日系社会の皆様へ=駐ブラジル日本国特命全権大使 山田彰  ブラジルへの日本人移住112周年を記念する「移民の日特別号」の発行をお慶び申し上げます。  日本とブラジルの緊密な友好関係の重要な礎となっているのが、ブラジルにおける日系社会という特別な人的な絆です。日本人移住者及び日系人の皆様は、移住後に大変なご苦労を経験されまし […]
  • 本紙への寄付者芳名2020年9月26日 本紙への寄付者芳名  ブラジル相撲連盟の赤木政敏(あかぎまさとし)相談役、エンポリオ古賀(ニッケイ新聞代理店)、大矢進貞さん(ゆきさだ)、おもいで酒場パブラオケ、林ヨシノブ・パウロさん、平延渉さん(ひらのぶわたる)、匿名希望の篤志家の皆さまより寄付をいただき、ありがとうございました。 […]
  • 《記者コラム》パンデミックは好機?! 一気に進む世代交代2020年9月22日 《記者コラム》パンデミックは好機?! 一気に進む世代交代  「戦後移民の時代」は訪れることなく、過ぎ去った。結果的に、それで良かったのかもしれない。アアダコウダ言わず、素直にそう考えた方が前向きか。30代、40代の若者らが中心になって実施され、実に手際よく広範な内容を含みつつ、コンパクトに凝縮された「文協統合フォーラム2020」( […]
  • ■訃報■本紙営業・阿部ヤエコさん2020年9月15日 ■訃報■本紙営業・阿部ヤエコさん  本紙営業部に長年勤務した阿部ヤエコさんが12日午前、サンパウロ市南部にある自宅で亡くなった。十二指腸癌の持病があり、当初は胆石治療のために入院した。12日にいったん退院した後、背中の痛みを覚えるなど急変。強い吐き気をもよおして息が詰まり、午後7時半頃に亡くなった。享年 […]
  • 手塚治虫の絶筆『グリンゴ』=ブラジル日系社会が遺作に(上)2020年9月4日 手塚治虫の絶筆『グリンゴ』=ブラジル日系社会が遺作に(上)  『火の鳥』『ブラック・ジャック』などの傑作を次々に発表し、存命中から“マンガの神様”と呼ばれていた天才漫画家・手塚治虫(1928―1989年)を知らない日本人は少ない。しかし、彼の未完の絶筆『グリンゴ』がブラジル日系社会をモデルにしていたことはあまり知られていない。 […]