ホーム | 日系社会ニュース | アマゾンの力で蘇れ!=〃万病に効く〃カンボ蛙治療=熊本県人会で31日に

アマゾンの力で蘇れ!=〃万病に効く〃カンボ蛙治療=熊本県人会で31日に

ニッケイ新聞 2009年1月29日付け

 「アマゾンの蛙で体を治す」――!? 和名でフタイロネコメ蛙といわれるアマゾンに生息する蛙、KAMBO(sapo phyllomedusa bicolor)の毒を抽出したエキスによるセラピーを行っているフェルナンド・ジニさんが熊本県人会(Rua Guimaraes Passos 142 Vila Mariana)で三十一日午後一時から、コロニアを対象とした治療を行う。古来からアマゾンのインヂオの間で使用されているもので、関節炎、糖尿病、心臓病、アレルギー、インポなどにも効果があるという。すでに一万人以上の日系人に対し治療を行ったフェルナンドさんは、「体をきれいにし、精神を落ち着け、免疫力を高める効果があります」と呼びかけている。参加費は三十レアル。

 フェナンドさんとともに二十六日に来社、セラピーのコーディネートを行っている宮原ジョルジさんは以前、糖尿病がひどく、一時は三百九十にもなる高血圧にも悩まされていた。
 そんなとき、ソロカバ在住のジニさんと知り合い、体の不調を訴えたところ、KAMBOによる治療を勧められた。
 「次の日になったら、血圧が九十に下がり、すごく調子が良くなったんですよ。本当にビックリしました」
 糖尿や癌にかかる人が多い日本人の体質を聞いたジニさんは、コロニアを対象とした治療を始めた。口コミで評判が伝わり、すでに日系団体の会館約十カ所で一万人を超える日系人の治療を行っている。
 具体的な治療方法は、焼いた爪楊枝状のもので上腕部の皮膚を五カ所軽く焼き、傷口部分にメンソレータムのようになったKAMBOのエキスを塗りこむという。
 宮原さんの説明によると、副交感神経を刺激するので光を見たり、具合が悪くなることもあるが、「体や精神の悪い部分がキレイになっている状態で五分ほどで元の状態に戻る」と話す。
 三回治療を受けた五十代の日本人女性は、「治療を受けた後、気を失ったのかスーと床に倒れた。百%リラックスした感じで心地良かった。以来、ひどかった鼻のアレルギーもすっかりなくなり、ストレスのせいか夜になると全身に出ていたジンマシンも治った」とその効果を説明する。
 宮原さんは「できれば治療前はご飯をお腹一杯食べず、水を持参してほしい。めまいがすることもあるので、毛布を持って来る人もいます」と話している。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》眞子さま=公式訪問最終日にベレン=市場視察や地元日系人と交流2018年8月2日 《ブラジル》眞子さま=公式訪問最終日にベレン=市場視察や地元日系人と交流  ブラジル日本移民110周年のための皇室公式訪問最終日の28日、眞子さまはパラー州都ベレンの汎アマゾニア日伯協会(生田勇治会長)で行われた日系社会歓迎行事のほか、同地の日系人や日本移民とのご引見、ヴェル・オ・ペゾ市場の視察などをされた。式典には約230人が参加し、3回目 […]
  • 第35回武本文学賞を総括して=作品にコロニア語を使おう=ブラジル日系文学会長 中田みちよ2018年1月10日 第35回武本文学賞を総括して=作品にコロニア語を使おう=ブラジル日系文学会長 中田みちよ  「武本文学賞」というのは、日系社会の文学活動を創立時からささえてきた武本由夫(1983年逝去)を顕彰して設置されたものである。83年に募集され第一回発表が1984年発行の「ブラジル日系文学15号」誌上、その後35年間継続されてきている。  そして2015年には創刊5 […]
  • どんな移民110周年になるの?=菊地実行委員長に直撃インタビュー2017年12月29日 どんな移民110周年になるの?=菊地実行委員長に直撃インタビュー  新年の目玉は、なんといっても日本移民110周年。1月7日に開会式が行なわれる割に、どんな記念事業が進んでいて、肝心の6月、7月にどんな記念イベントが行なわれるのか、実はよく分かっていない。そこで年末に菊地義治110周年実行委員長に時間を都合してもらい、本紙編集長と11 […]
  • 第20回迎える県連日本祭り=祭典の歴史振り返る=日伯繋ぐ重要な懸け橋に2017年1月1日 第20回迎える県連日本祭り=祭典の歴史振り返る=日伯繋ぐ重要な懸け橋に  2017年7月7~9日、コロニアを代表する祭典『日本祭り』が第20回目の記念すべき節目を迎える。「海外最大の日本祭り」と称される同イベントの歴史を振り返り、また、日本祭りの祖となった「郷土食郷土芸能祭」を始めたブラジル都道府県連合会の網野弥太郎元会長に、当時の様子を尋ねた […]
  • 大耳小耳2016年7月9日 大耳小耳  千葉県船橋市の「ふなっしー」など日本では「ご当地キャラ」が大流行だ。郷土の特徴をヒントにしたキャラクター、マスコットをつくり、観光や町おこしの起爆剤として重宝されている。その波に乗って、ついに今回の県連日本祭りでは「県人会キャラ」が登場することになった。福島県人会では、なんと […]