ホーム | 日系社会ニュース | 熊本=漱石顕彰の「草枕」俳句大会=ブラジルから8人が入選

熊本=漱石顕彰の「草枕」俳句大会=ブラジルから8人が入選

ニッケイ新聞 2009年1月31日付け

 熊本ゆかりの夏目漱石を顕彰する第十三回「草枕」国際俳句大会(熊本市と同実行委員会の共催)が昨年十一月二十四日に開催され、ブラジルからの参加者八人が入選、七人が佳作に入選した。俳句の部一般部門には、千二百二十七人、四千九十一句の応募があった。
 ブラジルからの入選者と句は次の通り。
【入選】
◎今井千鶴子選
枯茨移民百年此所にあり(土田真智女)
◎岩岡中正選
カーニバルアマゾンを航く鼓笛団(工藤未敏)
◎大岳水一路選
鍬胼胝を勲章として移住祭(菅原岩山)
◎岸原清行選
百年祭黒田節舞う五世の娘(山崎欣吾)
◎倉田紘文選
ハンモック天使のような子の寝顔(佐藤あさ乃)
百人に百のふる里移住祭(畠山てるえ)
◎寺井谷子選
移民の子ならば頑張れいわし雲(佐藤けい子)
◎坊城俊樹選
ブラジルの日焼は腹の底までも(栗原三峰)
【佳作入選者】=佐藤孝子、笹谷蘭峯、大枝百象、服部タネ、若林敦子、岩永節子、富樫雄輔 (敬称略)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 第35回武本文学賞を総括して=作品にコロニア語を使おう=ブラジル日系文学会長 中田みちよ2018年1月10日 第35回武本文学賞を総括して=作品にコロニア語を使おう=ブラジル日系文学会長 中田みちよ  「武本文学賞」というのは、日系社会の文学活動を創立時からささえてきた武本由夫(1983年逝去)を顕彰して設置されたものである。83年に募集され第一回発表が1984年発行の「ブラジル日系文学15号」誌上、その後35年間継続されてきている。  そして2015年には創刊5 […]
  • ニッケイ俳壇(880)=星野瞳 選2016年3月17日 ニッケイ俳壇(880)=星野瞳 選 サンパウロ  林 とみ代 不況の世のサンタクロースの吐息かな 汚職して国は破産に年果てる 大胆な愛のいれずみ夏の肌 マニフェスト盛となりし聖市かな […]
  • 乾杯するコシノさんと矢柳さん2014年1月25日 世界のコシノ「和食はアート」=矢柳氏との二人展も開幕 ニッケイ新聞 2014年1月25日 【既報関連】世界的ファッション・デザイナーのコシノジュンコさんが、現代美術家の矢柳剛さんと南米初の二人展『オーパ!陽気な黙示録』(17日付詳報)を開くため来伯し、21日、展示会に先立ち総領事公邸で和食文化紹介イベントを行った。日系団体代表 […]
  • コラム 樹海2014年1月23日 コラム 樹海 ニッケイ新聞 2014年1月23日  いままでなかったのが不思議だが、観光雑誌『るるぶ』のブラジル・アルゼンチン版(JTBパブリッシング、税別1500円)が今月発行された。ブラジル編では、イグアスの滝、レンソンイス(マラニョン州)、アマゾンに詳しく触れ、リオとサンパウロ、サル […]
  • 池袋サンシャインシティ=『フェスタ・ド・ブラジル』開催!=独立記念日から5週間=担当者「5年越しの念願叶う」2013年8月31日 池袋サンシャインシティ=『フェスタ・ド・ブラジル』開催!=独立記念日から5週間=担当者「5年越しの念願叶う」 ニッケイ新聞 2013年8月13日  東京・池袋にある複合商業施設「サンシャインシティ」は創設35周年を記念したイベントの一環として、施設全体を使用した『フェスタ・ド・ブラジル』を開催する。ブラジルの独立記念日である9月7日を皮切りに、5週間に渡ってブラジル文化を紹介する展示、 […]