ホーム | 日系社会ニュース | 文協評議員選挙=会議出席状況を掲載=選管委「会費完納を」=立候補届けは20日までに

文協評議員選挙=会議出席状況を掲載=選管委「会費完納を」=立候補届けは20日までに

ニッケイ新聞 2009年2月6日付け

 ブラジル日本文化福祉協会(上原幸啓会長)が役員改選の時期を迎えている。三月二十八日の総会で、正評議員五十人(四年任期)、補充評議員二十五人(同)が会員投票により選ばれる。本紙編集部は今回の選挙を百一年目のコロニアの舵取り役を選ぶ重要なものと捉え、今回任期が終了する五十人の出欠名簿(文協事務局作成)を掲載する。上原現執行部が選出された評議員会(〇七年四月二十八日)から昨年十二月十三日開催までの評議員会(六回)のものだ。今回の選挙の参考にしてほしい。

 文協事務局はすでに選挙規定や立候補申し込み用紙を先月末に会員に郵送、立候補届けは今月二十日必着となる。
 今回選ばれる評議員が四月二十五日にある評議員会で理事会を選出することになる。
 評議員選挙に立候補するには、三年以上会員で、五人の会員の推薦があることが条件。
 すでに設置されている選挙管理委員会(山内淳委員長)は先月三十日に記者会見を開き、「選挙権を行使するためには、〇八年度の会費を三月十五日までに完納していることが必要」と訴えている。

氏名・団体名 出席回数。( )は委任状

小山昭朗=6
小川彰夫=6
小原彰=4
頃末アンドレ=6(2)
高橋カルロス=0(2)
相良クリスチーナ=4(2)
飯島秀昭=0(2)
渡部一誠=5(2)
金子謙一=3(1)
山川健一=2(2)
中沢宏一=6(2)
松永久美子=6(1)
中川郷子=5(2)
山下リジア=6
千坂征彦=2(1)
林まどか=6(1)
尾崎守=6
菅原ミルトン=4(4)
藤岡ミヨシ=5(1)
横田パウロ=2(1)
西礼三=3(2)
佐々木リカルド=3
関谷ロベルト=5
坂和三郎=5(1)
尾西貞夫=6
小賀誠二=6(5)
和田忠義=6
若松孝司=2
樋口トモ子=6(2)
志村豊弘=4(3)
佐々木陽明=5(3)
菊地義治=6
大分県=5(1)
鳥取県=4(1)
ノーヴァ・カショエリーニャ文協=2(1)
新潟県=4
レジストロ文協=4
宮崎県=4(2)
福島県=1(1)
宮城県=4(2)
長崎県=3
日伯音楽文化協会=2(2)
島根県=4
ツッパン印刷=6(1)
ノロエステ連合=4(4)
ソールナセンテ=6
ニッケイパラセホテル=2(1)
山形県=4(2)
大和商事=6(6)

ABC順

image_print

こちらの記事もどうぞ