ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

ニッケイ新聞 2009年2月21日付け

 十八日はイパネマで一四人、十九日はラッパで三四人と、武装集団による未明の宿泊客総なめの強盗事件が続いたリオ。被害に遭った外国人旅行者は「海岸や路上での強盗は覚悟していたが、宿泊施設で襲われるとは」と嘆いていたが、二十日未明のセントロでの強盗など、外国人旅行者を狙う事件は三日で五件。W杯やオリンピック招致も考えているリオだが、このままでは安全対策で大注文がつきそうだ。
     ◎
 週末に伯銀を狙った強盗事件の起きたセアラ州キシャダー市で、十八日に水道工事用の二〇〇キロのダイナマイト強奪という事件が発生。マスクを被った四人組は、銀行強盗に使うと話していたとも。フォルタレーザの中銀襲撃事件の犯人も加わっていた可能性がある伯銀襲撃事件だが、次はどこを狙うつもりか?
     ◎
 十九、二十日の伯字紙は、スイスでネオナチに襲われて流産したと被害届を出したパウラ・オリヴェイラさんが、一連の供述は嘘だったと自供したと報道。振り上げた手を下ろす場を失ったルーラ大統領やアモリン外相も大変だが、これからは〃出来ちゃった婚〃成立はより困難になるとの声も。スイス警察が妊娠を否定するまでは誰も彼女の妊娠を疑っていなかったのだから、周りの人からは愛され、好かれた女性だったのだろうが…。
     ◎
 二十日のサンパウロ市証券市場は、欧米市場の悪化を受け一時的とはいえ四%も下落。午前中三%、午後三時過ぎに四%下げた後は戻したが、ヴァーレ、ブラデスコ、エンブラエルなどが一〇%も下げ、下落を先導。しばらく小幅の動きに終始した市場が今月二度目の四%台の下落となったことで、再び大揺れしないかとの不安が頭をもたげそうだ。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 怨念が生んだ新政権の背景探る=29年目のジンクスは当たるか=ジャニオ、コーロル、ボルソナロ2019年1月7日 怨念が生んだ新政権の背景探る=29年目のジンクスは当たるか=ジャニオ、コーロル、ボルソナロ  「なぜ、そんな兆しさえなかったブラジルで、極右政権が誕生したのか」と問われたとしたら、「ルサンチマン(積もり積もった怨念)」と「ブラジル選挙の29年のジンクス」の2つが起こした〃時代的な化学反応〃を理由にあげる。この二つの事象は、いかにして窓際下院議員、陸軍予備役少佐 […]
  • 3月の物価1%弱上昇=12カ月では6・15%=食料と航空運賃が圧力に2014年4月11日 3月の物価1%弱上昇=12カ月では6・15%=食料と航空運賃が圧力に ニッケイ新聞 2014年4月11日  地理統計院(IBGE)が9日、3月の拡大消費者物価指数(IPCA)は13年12月と同じく0・92%上昇し、直近12カ月の累積指数は6・15%に達したと発表したと10日付伯字紙が報じた。 IPCAは政府の公式インフレ指数で、政府の公式目標は年 […]
  • コラム 樹海2014年1月3日 コラム 樹海 ニッケイ新聞 2014年1月3日  昨年もいろいろな名(迷?)言が生まれた。心に残るのは、昨年就任した新法王が7月に出身地のブエノスアイレス大聖堂に自分の立像ができたと聞いた時の言葉、「今すぐそれを撤去してくれ!」だった。積年の問題が山盛りのバチカンを救うために選ばれたイエズ […]
  • 60年代「怒れる若者」から=2013年の「抗議の波」まで=かつての活動家が体制側に2014年1月1日 60年代「怒れる若者」から=2013年の「抗議の波」まで=かつての活動家が体制側に 新年号 ニッケイ新聞 2014年1月1日  2013年6月、サッカーのコンフェデレーションズ杯の直前から開催期間中にかけて、全国規模での「マニフェスタソン(抗議の波)」が起こった。同じ頃、エジプトやトルコでもデモが起こったが、ブラジルの場合、かねてからの政情不安があったエジプ […]
  • 空軍機=スウェーデンのグリペンNG購入へ=仏国、米国との競争の末=格安の36機45億米ドル=速さや戦闘範囲も高性能2013年12月20日 空軍機=スウェーデンのグリペンNG購入へ=仏国、米国との競争の末=格安の36機45億米ドル=速さや戦闘範囲も高性能 ニッケイ新聞 2013年12月20日  連邦政府は18日、空軍の次世代戦闘機として、スウェーデンのSAAB社からグリペンNG36機を45億米ドルで購入することを発表した。ブラジルは米国やフランスの企業とも長きに渡って交渉を行なっていたが、高性能の戦闘機を比較的安い価格で手に入れ […]