ホーム | コラム | 大耳小耳 | 大耳小耳

大耳小耳

ニッケイ新聞 2009年2月21日付け

 クルゼイロ・ド・スル紙十二日付けによれば、今年後半にスペイン移民史料室がサンパウロ州ソロカバ市に開館する。事業主体カーザ・デ・エスパーミャのセルジオ・アラーニャ会長いわく、同市には十二万人の子孫がいる。同本部の一室があてられ、移民個人の所蔵物だけでなく、口述ビデオなども公開するため協力をもとめるキャンペーンを行う。同会長は「三百会員がいるが月十レアルの会費を払っているのは十人のみ」と嘆く。これに比べれば、なんのかんの言っても日系団体の方がまとまりあるかも?!
     ◎
 フジドリームエアラインズが購入したエンブラエル機の引渡し式は当初、本社のあるサンジョゼー・ドス・カンポス市での予定だったが、急遽、サンパウロ市で行われることに。記者も機体を見ることを楽しみにしていただけに、ちょっと残念。地元コロニアでは、大部一秋総領事の歓迎会を準備していたため、その変更に慌てたが、大部総領事は現地に出向き、無事交流が行われたようだ。
     ◎
 文協評議員選挙の立候補申し込みは二十日午後五時半締め切りの予定だったが、午後三時半から突然ビルが停電に。FAXなどの申し込みが受付けられないため、選挙管理委員会が急遽協議。午後五時半現在では、すぐに電気が戻れば同日中に締め切るというが、万が一、電気が来なければ水曜まで延期の可能性も残されている。会費完納や記入不備の確認作業を行い、来週末には立候補者名簿が公表される予定だ。当日、ビル内に〃選挙事務所〃を設置した小川彰夫氏は、「ようやくスタートですね」と腕まくり。
     ◎
 ブラジル日本文化福祉協会はカーニバルのため、二十三、二十四の両日休業する。二十五日の正午から普通通り営業。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • ニッケイ俳壇(880)=星野瞳 選2016年3月17日 ニッケイ俳壇(880)=星野瞳 選 サンパウロ  林 とみ代 不況の世のサンタクロースの吐息かな 汚職して国は破産に年果てる 大胆な愛のいれずみ夏の肌 マニフェスト盛となりし聖市かな […]
  • ニッケイ俳壇(878)=星野瞳 選2016年3月4日 ニッケイ俳壇(878)=星野瞳 選 アリアンサ  新津稚鴎 万緑に滝白刃となり落下 ダムに出て棉消毒の飛機返す 雲の峰育つ牧場を傾けて 草虱とりつつ泣いてゐるらしく 一の斧二全山の露こぼれけり 蟇鳴くや死ねば家系もなき移民 […]
  • 『カルナバル』はカーニバルをポルトガル語で発音したもの2015年4月1日 ニッケイ俳壇(831)=富重久子 選    アチバイア         東  抱水  どの町も教会が見え天高し【半世紀前移民してきた時、一番先に目に止まったのが教会の尖塔であって、これがこの国 […]
  • VI TACA YAKULT DE BEISEBOL INTERCLUBES – INFANTIL E PRE-JUNIOR – 第6回ヤクルト杯少年野球大会=少年の部 P・バレット3V=準青年の部 マリリア優勝2014年3月8日 VI TACA YAKULT DE BEISEBOL INTERCLUBES – INFANTIL E PRE-JUNIOR – 第6回ヤクルト杯少年野球大会=少年の部 P・バレット3V=準青年の部 マリリア優勝 第6回ヤクルト杯少年野球大会 ニッケイ新聞 2014年3月8日 好天に恵まれた3月1、2両日、『第6回ヤクルト杯少年・準青年野球大会』がヤクルト・イビウーナ球場とバルゼン・グランデ球場で行われた。少年チームはペレイラ・バレットが3連勝、準青年はマリリアが第1回大会以来5年ぶり […]
  • 東西南北2014年2月22日 東西南北 ニッケイ新聞 2014年2月22日  サンパウロ市北部サンタナのクルゼイロ・ド・スール大通の高架橋下に、等間隔ごとにコンクリートの壁による区画が建てられ、話題となっている。この高架橋は路上生活者の生活地帯としても知られていたが、今回の壁の設置は、路上生活者へ立ち退きを求め、通 […]