ホーム | 日系社会ニュース | センター建設の舵取り役は=今年は援協で役員改選=例年通り単一シャッパ提出=注目は理事会互選に

センター建設の舵取り役は=今年は援協で役員改選=例年通り単一シャッパ提出=注目は理事会互選に

ニッケイ新聞 2009年3月4日付け

 サンパウロ日伯援護協会(森口イナシオ会長)は二月二十六日の定例役員会で、今月十四日の定期総会に提出する役員改選の候補者名簿(シャッパ)の受け付けを締め切り、例年どおり、単一シャッパになったことを正式に発表した。
 援協の役員改選は二年に一度。役員は理事四十人、補充理事五人、監事三人、補充監事三人。定期総会で承認されれば、十九日の臨時理事会で、会長や副会長職などの役付き理事を選出する運び。森口現会長の続投となるかどうかは、この時にならないと分からない。
 今回提出されたシャッパの新規候補者は、秋田県人会長の小松雹玄氏、天理教サンパウロ教会長の大竹義信氏、ブラジル日系協会長の京野吉男氏ら。
 年齢などを理由に、青木実第四常任理事、若林茂樹第二会計理事、山元治彦、竹村英郎、上原武夫、須田常忠理事の六人が引退する。
 今回の改選でも例年通りの単一シャッパ提出となったことで、注目は総会後の役付き理事の互選となる。
 今年五十周年を迎え、その記念事業として福祉センター建設を進める援協。現在は、七月の開設と記念式典に向けて残り二百万レアルを目標とした募金活動を進めており、この時期の役員改選は慎重に行いたいという声が多い。
 普段から「皆さんで一致団結、手を取り合い援協を盛り上げてゆきましょう」(森口会長)という合言葉のもとの森口体制。今のところ関係者からの不満はあまり聞かれない。
 「大荒れしない」と踏む関係者が多いとされているが、「オバマ大統領のように上手いこと演説するような人が出てきたらどうなるか分からない」と話すのは、選挙委員長の菊地義治第一副会長。臨時理事会まで気が抜けないのは確かなようだ。
 提出されたシャッパは次の通り。(敬称略)
【理事】与儀昭雄、吉永大吉、中川勇デッシオ、永山八郎、加藤英世、遠藤浩、紫牟田寛、小松雹玄(新)、森口忠義イナシオ、野村次郎、波部ジョルジ、上野ジョルジ、洲崎順、岩原勝一、中田和夫、井上建治、塩田憲一、佐々木憲輔、吉川邦彦、安武誠、浜岡政晴、山口正邦、立山道子、毛利連、坂和三郎、尾西貞夫、税田清七、酒井清一、井上茂則、建林成幸、山下忠男、菅野鉄夫、後呂敏明、大原毅、菊地義治、京野吉男(新)、大山義夫、大竹義信(新)、辻雄三、石浜譲【補充理事】丸岡正英(新)、佐々木弘一(新)、安次富ジョルジ(新)、高柳民子、檀定則(新)【監事】杉本教雄(新)、清水カルロス(新)、藤瀬圭子【補充監事】興津政治(新)、知念直義(新)、大滝多喜夫(新)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • ごあいさつ2018年1月3日 ごあいさつ 謹んで新年のお慶び申し上げます=ブラジル日本都道府県人会連合会会長 山田 康夫  謹んで新年のお慶び申し上げます。  旧年中はいろいろとご支援をいただき、心より感謝申し上げます。  海外最大の日系人集団地ブラジルは、節目の移民110年周年を迎えました。  県 […]
  • 2017年1月元旦=新年のご挨拶2017年1月1日 2017年1月元旦=新年のご挨拶 新年に考えること=ブラジル日本都道府県人会連合会会長 山田康夫  謹んで新年のお慶び申し上げます。  旧年中はいろいろとご支援をいただき、心より感謝申し上げます。 […]
  • 【2016年移民の日特集号】ごあいさつ2016年6月23日 【2016年移民の日特集号】ごあいさつ 移民の日に思うことブラジル日本都道府県人会連合会会長 山田 康夫 ブラジルの日本移民は今年108年、戦後の移住が再開されて63年になり、戦前、戦後を通じてブラジルに移住した日本人の数は25万人余、そして現在では190万人余といわれる日系人の中に占める日本人の数は3%を下回るとい […]
  • 第60回パウリスタ・スポーツ賞=16日にサンパウロ市議会で授賞式=特別賞4人含め総勢22人=盛大に多彩な功労者を表彰2016年6月11日 第60回パウリスタ・スポーツ賞=16日にサンパウロ市議会で授賞式=特別賞4人含め総勢22人=盛大に多彩な功労者を表彰  ニッケイ新聞が主催する「第60回パウリスタ・スポーツ賞」が16日にサンパウロ市議会の貴賓室で行われる。コロニアおよびブラジル社会において、現役で活躍の選手や引退後の指導者、審判として、競技の振興や普及に尽力した功労者に対し、「特別賞」4人を含む22人を表彰するもの。今年60年 […]
  • 年頭のご挨拶2016年1月5日 年頭のご挨拶 県連50周年とリオ五輪に向かって=ブラジル日本都道府県人会連合会会長 本橋幹久 新しい年2016年を迎えるに当たり、新年のお慶びと共にご挨拶を申し上げます。 一年の計を思い成す為には、過ぎた一年を思いたどることも必要かと思います。 2015年は、先ず県連も日系コムニダーデの一員 […]