fbpx
ホーム | コラム | 大耳小耳 | 大耳小耳

大耳小耳

ニッケイ新聞 2009年5月5日付け

 千葉県人会念願の新会館が完成した。地下鉄ジャバクアラ駅から徒歩一分という好立地。地上三階地下一階、駐車場も完備しており、今週末には家具などをそろえる予定だ。二人部屋の学生寮(広さ十三平方メートル、家賃一人三百レアル)は既に入居している人もあり、申込みも来ているとか。連絡は原島会長(11・5012・3379)まで。
     ◎
 国士舘大剣道部と二天研究所の古武道交流。日本の学生は異国の地での緊張も手伝ってか、当初は礼儀正しさより硬さが目立ったが、演舞が始まり声が出始めてから表情も緩んできた。一方ブラジル側の生徒も着座(正座)や礼をきちんとこなし、防具をつけたらブラジル人だと分からないほど。しかし日本の学生に聞くと、ブラジル人の演舞は「型にとらわれていない」そう。素人目には分からないが、これもお国柄か。
     ◎
 コロニアでお馴染み、イタペセリカの運動会でも披露されたレプレーザ連による阿波踊り。毎週金曜日にレプレーザ文協で練習している。指導している長井アメリアさん(二世)によれば、海外で唯一の阿波踊りの団体で徳島県からのお墨付きとか。百周年式典では二百四十人の総踊り、今回は五歳の子供を含む総勢四十人が県から寄贈された半被を身にまとい踊りを披露した。「(運動場だと)下駄の音がならないので残念、本当はもっと綺麗です」と長井さん。
     ◎
 国際交流基金サンパウロ日本文化センターでは、放送大学から教材の寄贈を受け、センター図書館内に生涯高等教育用の教材コーナーを設置した。一般図書同様、貸出が可能。幅広いテーマの学術書の中から、関心のある一冊を手にとってみては。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • ぷらっさ=日本の大学に日本人移民史研究学科を=吉田 恭子2019年1月30日 ぷらっさ=日本の大学に日本人移民史研究学科を=吉田 恭子  イビウーナで暮らしておられた故・香山栄一氏から8百冊余りの書籍を引き継いで、インターネット上に何とか香山文庫のウェブサイト(http://wabicafe.com.br/kayama/)を立ち上げたのが、今から4年余り前。時々サイトの手直しなどをしてはいるものの、デー […]
  • ブラジルを「故郷」にするなら桜を植えよう=郷愁とブラジル日本移民2019年1月8日 ブラジルを「故郷」にするなら桜を植えよう=郷愁とブラジル日本移民  「静岡の茶畑そっくりだ」―サンパウロ市から南西に190キロほど下った海岸部レジストロの茶畑に取材に行き、故郷の光景を思い出した。  といっても、緑茶ではなく紅茶だ。聞けば、原料となる茶葉は緑茶も紅茶も一緒だが、加工工程が違うのだという。お茶畑まではそっくりなワケだ。 […]
  • 独断と偏見で選んだ「110周年最大の遺産」2018年12月18日 独断と偏見で選んだ「110周年最大の遺産」  なんと早い1年だったか――予想はしていたが、まさに「アッという間」だった。5月にはトラックストという未曽有の大混乱があり、日本進出企業や日系地場企業も大打撃を受けた。それ以降、6月にサッカーW杯ロシア大会、7月に眞子さまをお迎えして日本移民110周年祭、8月から選挙運 […]
  • 《ブラジル》22歳、初出馬で46万票!=カタギリ次期下議に直撃取材=奈良県人会でボランティアも2018年11月2日 《ブラジル》22歳、初出馬で46万票!=カタギリ次期下議に直撃取材=奈良県人会でボランティアも  若干22歳、初出馬でなんと46万5310票も集めて連邦議員にみごと当選した話題の日系人、キム・カタギリさん(22、三世)を10月24日に取材した。サンパウロ州選出の連邦下議の中では4番目だ。このような新しい〃大波〃によって下院議員全体の3分の2が入れ替わった。ジョルナ […]
  • ■今週末の催し2018年8月2日 ■今週末の催し  4日(土曜日)  青葉祭り、午前7時、宮城県人会(Rua Fagundes, 152, Liberdade)      ◎  サンパウロ倫理法人会モーニンセミナー、午前8時半ニッケイパラセホテル(Rua Galvao Bueno, 425, […]