ホーム | コラム | 大耳小耳 | 大耳小耳

大耳小耳

ニッケイ新聞 2009年5月9日付け

 新型インフルエンザに関して日本国外務省によりメキシコに対する「渡航自粛」勧告が出ているが、総領事館によれば、機内検疫はメキシコと他の地域からの航空機は区別なく実施されているという。現時点では日本への渡航者に対しては特に制限はない。マスクや手洗い・うがいなど、自身で予防を心がけることが必要なようだ。
     ◎
 コチア、南伯両中央会崩壊から十五年というのは大きな節目だ。今さらながらに、その存在がいかに大きかったかを感じさせられた今回の聖南西巡り。行く先々に、まだ癒えていない生々しい傷跡が残っている。日系社会再編に向けた課題は根が深く、大きい。サンパウロ市にいたら、けっして分からない実情に接する貴重な機会だった。かと思えば、ブラジリアでは日系著名人が集まる、華やかなセレモニーもあったよう。どちらが百年後の日系社会を真剣に考える機会になっただろうか?
     ◎
 十八日に来伯講演する山田豊文さん。断食より簡単な節食「ファスティング」を勧め、野球の王貞治監督やゴルフの横峰さくら選手など多くのスポーツ選手を指導する。講演を主催するアニュー社の加藤滋取締役も挑戦中で、「だんだん頭が冴え、すっきり」とか。他にも「マゴワヤサシイ(豆、ゴマ、ワカメ、野菜、魚、椎茸、芋)」中心の食生活が体内解毒能力の向上、免疫力増強に繋がるなど、ブラジルではなかなか聞けない講演になりそう。
     ◎
 一九五五年五月十日にサントスに着港したボイスベン号の〃初〃同船者会が、今週末の十日午前十一時半からニッケイ・パラセホテルで開かれる。世話人の坂和三郎さんによれば、今のところ三人から連絡が来ているという。五十四年ぶりの再会は想像するだけで感慨深いもの。「当日参加も大歓迎」と坂和さん。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 特別寄稿=日系社会存続のためのヴィジョン22(22世紀に向かって)=日系社会の戦略的再構築・統合のための提言=サンパウロ市在住 足立操2020年7月9日 特別寄稿=日系社会存続のためのヴィジョン22(22世紀に向かって)=日系社会の戦略的再構築・統合のための提言=サンパウロ市在住 足立操 ①日系社会の現状と問題点 1.「今、日系社会の存続が危うい!」。こう言うと「何をそんなバカな!」と思われる方が多数おられると思います。  しかしながら、日系社会の現実を冷静に見つめ直すとリアルに日系社会の存続の危うさが浮かび上がってきます。みなさんの周りの身近にある […]
  • 1959年あめりか丸同船者会が中止に2020年4月3日 1959年あめりか丸同船者会が中止に  毎年4月に行われている「1959年あめりか丸同船者会」(世話役羽鳥慎一)が、新型コロナウイルスの感染拡大防止のため中止することになった。  当紙を通じて発表するにあたり世話役の羽鳥さんは「皆様には誠に残念なお知らせですが、中止が余儀なくされました」と声を落としつつも […]
  • そろそろ「日系7団体」にしては?2020年3月10日 そろそろ「日系7団体」にしては?  毎年の新年祝賀会に始まり、昨年4月には「新天皇ご即位・新元号『令和』祝賀晩餐会」、今年2月には天皇陛下の還暦を祝ってサンパウロ市立劇場で盛大に行われた天皇陛下誕生日祝賀会など、日本との繋がり深い大事な行事は「日系5団体」が申し合わせて計画する。  この5団体は、言う […]
  • ■今週末の催し2020年2月13日 ■今週末の催し  15日(土曜日)  「集中セミナー/日本祭りの将来はどうなる?」(県連)、午後1時、県連会議室(Rua Sao Joaquim, 381)      ◎  第3回演奏会(ピニェイロス女声合唱団)、午後3時半、聖ヨハネ教会(Rua Coropé, 108, […]
  • 憩の園=入場券売り切れで2回公演に=歌と芝居で魅せる移民ショー2020年1月30日 憩の園=入場券売り切れで2回公演に=歌と芝居で魅せる移民ショー  「公演3週間前に入場券が売り切れました。まったく予想外です。特別に同日午後4時から2度目の公演をやることになりましたが、40%はもう売れました。これ以上は公演を増やせません。ショーを見たい方は早めに事務所でチケットを手に入れてください」――社会福祉法人「救済会」(佐藤 […]