ホーム | コラム | 大耳小耳 | 大耳小耳

大耳小耳

ニッケイ新聞 2010年11月2日付け

 よりによってボリビア出発当日に道路封鎖騒ぎに巻き込まれたふるさと巡りの一行。聞けば同市では現政権の政策に抗議する道路封鎖が頻繁に起こっているようで、地元の人は落ち着いたもの。この日は市場の小売商人たちのストだったそうだ。やむなく早朝暗い中ホテルを出た一行だが、すでに国道は封鎖されており、これも抜け道として有名らしい横道から農場のような草地を抜け、裏から空港へなんとか到着。後で聞くと、我々の到着後にこの迂回路も封鎖され、空港利用者は封鎖線からの数キロを歩いて越えたという。これらの情報は全て口伝えのもの。この町で暮らすには情報収集力が必須だなと実感。
     ◎
 日本相撲協会は1日、14日から福岡で開催される大相撲11月場所の番付を発表した。友綱部屋のブラジル出身力士のうち、十両の魁聖は東六枚目。先場所三段目東九枚目だった魁心は幕下西五十枚目へと上がった。
     ◎
 花柳金龍師範の祝賀会では、企画者の名取始め多くの門下生らが受付、進行など裏方で働いていた。来賓の応対に会場を動き回る金龍師の周りにはその門下生らが。長い立ち話には椅子、水などを運ぶ人も。気配り、思いやりが行き届いている。これも同師が舞踊を通じて教えてきたものだろう。

image_print

こちらの記事もどうぞ