ホーム | コラム | 大耳小耳 | 大耳小耳

大耳小耳

 リオ五輪・パラリンピック日本選手団のメダリスト約90人が、東京銀座の中央通り約2・5キロを約一時間かけて凱旋パレードを行う。パラリンピックでは金メダル獲得ゼロと結果は振るわなかったものの、五輪では過去最多のメダル数を獲得し、国民を熱狂させた。今月中旬には、テメル大統領も日本を公式訪問する可能性があり、リオ五輪から東京五輪への連携が確認されるとも。ブラジルから渡された五輪旗を手に、4年後の東京大会開催に向けた機運を盛り上げていきたいところか。
     ◎
 元聖州議、下本八郎さんのパルケ・ナソンエス構想。県連会議で久しぶりにこの話題が公になったが、「まだ立ち消えになってなかったの?」と感じた出席者も多かったよう。それもそのはず、ざっと過去記事を調べたところ、頻繁に話題になったのは10年以上前のこと。当時よりも一世が減り、この手のプロジェクトへの動きはさらに鈍くなっている。「頓挫しないか心配」との声がさっそく会場から聞こえていた。
     ◎
 サッカーJリーグ1部の湘南ベルマーレが先月、16チームによる11歳以下の国際大会を日本で開いた。下部組織の公式フェイスブックで結果を知らせており、優勝は当地から参戦した「パルメイラス」だったよう。リオ五輪も男子が金メダルを獲ったし、日本では「ブラジルサッカー、やはり強し」との印象を再確認した?!

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 大耳小耳2013年10月12日 大耳小耳 ニッケイ新聞 2013年10月12日  仏心寺婦人部ボランティアの中には20歳代とみられる若年男性の姿も。尋ねると座禅の会のメンバーだという。毎週水、土曜の18時から行っており、性別、年齢、職業様々で4、50人の参加がある。「座禅は40分を2回行い、その間には人生相談のような時 […]
  • サンパウロ州選手権1部開幕=昨年全国優勝のパルメイラスと、昨年サンパウロ州制覇のサントスFCが優勝候補2017年2月3日 サンパウロ州選手権1部開幕=昨年全国優勝のパルメイラスと、昨年サンパウロ州制覇のサントスFCが優勝候補  昨年12月11日にサッカー・ブラジル全国選手権が終了してからわずか7週間余り。2017年サンパウロ州選手権1部が3日に開幕する。  ブラジルは世界でも珍しく、全国規模の大会と州規模の大会を、期間を分けて別々に開き、全国レベルのチームが、州の大会にも参加する。  国内26州 […]
  • 遅かった新星投入=サンパウロFC、19歳のFWネレスで来季巻き返しなるか?2016年10月25日 遅かった新星投入=サンパウロFC、19歳のFWネレスで来季巻き返しなるか?  22日に行われたサッカーの全国選手権で、サンパウロFCは本拠地モルンビ・スタジアムでのポンテ・プレッタとの一戦を、19歳の新人ダヴィド・ネレスの初ゴールなどで2―0で制したが、これに「遅すぎる」との声が上がっている。  それはネレスが、サンパウロFCのユース・チームの中にお […]
  • セレソン=背番号9に19歳ジェズス=ロナウドの後継者、遂に登場か2016年8月31日 セレソン=背番号9に19歳ジェズス=ロナウドの後継者、遂に登場か  ブラジル・サッカー連盟は30日、9月1日と6日に行われるワールドカップ南米予選に出場するセレソン選手の背番号を発表した。  今回、最も注目されたのは、背番号9を、今回はじめて本代表に選出されたガブリエル・ジェズス(19、パルメイラス)が背負うことになったことだ。  ジェズ […]
  • 東西南北2016年8月30日 東西南北  現在、ジウマ大統領の弾劾裁判が進行中で、明日未明にも、罷免か否かの結果が判明する。国家元首の命運がかかる、本来なら国に緊張感が走る瞬間のはずなのだが、それにも関わらず、伯国の報道は比較的落ち着いて静かなもので、新聞の報じる面積も、他のことを報じた記事と大きくは変わらない。弾劾 […]