ホーム | コラム | 大耳小耳 | 大耳小耳

大耳小耳

 リオ五輪・パラリンピック日本選手団のメダリスト約90人が、東京銀座の中央通り約2・5キロを約一時間かけて凱旋パレードを行う。パラリンピックでは金メダル獲得ゼロと結果は振るわなかったものの、五輪では過去最多のメダル数を獲得し、国民を熱狂させた。今月中旬には、テメル大統領も日本を公式訪問する可能性があり、リオ五輪から東京五輪への連携が確認されるとも。ブラジルから渡された五輪旗を手に、4年後の東京大会開催に向けた機運を盛り上げていきたいところか。
     ◎
 元サンパウロ州議、下本八郎さんのパルケ・ナソンエス構想。県連会議で久しぶりにこの話題が公になったが、「まだ立ち消えになってなかったの?」と感じた出席者も多かったよう。それもそのはず、ざっと過去記事を調べたところ、頻繁に話題になったのは10年以上前のこと。当時よりも一世が減り、この手のプロジェクトへの動きはさらに鈍くなっている。「頓挫しないか心配」との声がさっそく会場から聞こえていた。
     ◎
 サッカーJリーグ1部の湘南ベルマーレが先月、16チームによる11歳以下の国際大会を日本で開いた。下部組織の公式フェイスブックで結果を知らせており、優勝は当地から参戦した「パルメイラス」だったよう。リオ五輪も男子が金メダルを獲ったし、日本では「ブラジルサッカー、やはり強し」との印象を再確認した?!

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2016年8月6日 東西南北  5日、ついにリオ五輪がはじまった。2009年の10月の決定以来、待つこと約6年10カ月。長いように見えた期間も、いざ大会が近づいてみるとバタバタで、とても「準備万端」とは言いがたい。5日の当日になっても、マラカナン・スタジアムの周辺ではテメル大統領代行への抗議デモが発生。その […]
  • コパ・サンパウロ=パルメイラスが粋な計らい=田舎の小規模チームの選手をスタジアムツアーに招待2019年1月18日 コパ・サンパウロ=パルメイラスが粋な計らい=田舎の小規模チームの選手をスタジアムツアーに招待  ブラジルサッカー界の1月の風物詩、コパ・サンパウロ。ブラジル中から集まった、エリートクラブから小規模クラブまでの20歳以下の育成チームが、サンパウロ州を舞台に育成チームナンバーワンの座をかけて争う。  大会50周年の今年は128チームが参加し、1月25日のサンパウロ市制記念 […]
  • 東西南北2018年7月18日 東西南北  テメル大統領と上下両院議長がいずれも職務で国外に出たため、カルメン・ルシア最高裁長官が17、18日に大統領代行を務める。同長官の大統領職代行は3度目だ。一部の国民は、カルメン氏が最高裁長官としての業務を遂行できない間の代行が予想されるトフォリ副長官が、逮捕中のルーラ元大統領を […]
  • 《W杯開幕特集/座談会》セレソン6度目の優勝なるか?=ネイマール復帰戦の調子も上々=チッチ監督の采配にも注目2018年6月16日 《W杯開幕特集/座談会》セレソン6度目の優勝なるか?=ネイマール復帰戦の調子も上々=チッチ監督の采配にも注目  4年に一度のサッカーの祭典FIFAワールドカップが、いよいよ14日に始まった。世界各地域の予選を勝ち抜いた31カ国に開催国のロシアが加わり、7月15日までの一カ月をかけてサッカー世界一を決める。ロシア大会は21回目で、ブラジルは世界で唯一、全ての大会に出場し、世界最多 […]
  • 東西南北2018年5月24日 東西南北  本日報じたように、出馬を諦め、後継大統領候補としてメイレレス前財相に期待したテメル大統領。本来ならトップ・ニュースのはずだが、事前から噂が立っていたことも手伝い、報道の扱いは小さいものに。それよりも、トラック業界の起こしたデモによる混乱の方が、報道陣も国民も関心が高いという結 […]