ホーム | 日系社会ニュース | 中川トミさんの孫=板野マルコスさん結婚

中川トミさんの孫=板野マルコスさん結婚

ニッケイ新聞 2009年5月12日付け

 【ロンドリーナ発】〇六年十月に死去した最後の笠戸丸移民、中川トミさん(享年百歳)の孫の板野マルコスさん(30)が去る三月二十八日にルシアーナ・ノゲイラ・メンデスさん(28)と結婚式を挙げた。披露宴はロンドリーナ市のシャカラ・グラシオーザ(吉井篤氏所有)で行われ、約三百人の招待客から祝福を受けた。
 マルコスさんは中川トミさんの五女栄子さん(60)の長男で、ロンドリーナのパラナ総合大学を優秀な成績で卒業後、財務省の税務フィスカールとして活躍している。弟のフラビオさん(28)もブラジリアの連邦政府の官吏試験に合格し、現在ではブラジリアで勤務している。
 父親の板野ロベルトさん(当時53歳)は〇二年八月、勤務先のパラナ州政庁(クリチーバ市)に向かう途中車の事故で死亡、同居していた中川トミさんは二人の孫と五女の栄子さんを励ましたという。
 栄子さんの話によると「事故のとき、母トミのことを心配したが、かえって母から励ましを受けて息子達の教育に励むことが出来た。子供達は同居していた母をよく面倒みてくれていたので嬉しかった」という。栄子さんはロンドリーナのパラナ総合大学で免疫学の先生として教鞭を執っており、五月には八度目の訪日、千葉大学で共同研究を行うことになっている。(中川芳則通信員)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 『百年の水流』開発前線編 第二部=南パラナ寸描=外山 脩(おさむ)=(8)2016年10月29日 『百年の水流』開発前線編 第二部=南パラナ寸描=外山 脩(おさむ)=(8) 東野家の受難  話の時期は、再び1942年に戻るが、ケブラケブラは、実はパラナグア湾の南岸地域より半年前、クリチーバの市内で起きていた。  AYUMIによると、1942年3月19日、ほぼ1万の群衆が、市内中心地のプラッサ・オゾリオに集り、気勢を上げた後、枢軸国人の商店、 […]
  • 百周年を記念してBR―369沿いに建設された大鳥居2015年7月7日 「日本人なくして北パラナの開拓なし」=州入植百周を盛大に祝う=前線基地だったカンバラ  パラナ日伯文化連合会(折笠リカルド力己知会長)が主催してパラナ州日本人入植百周年記念式典が13日にカンバラ市に約150人の日系団体代表が集まり、続いて翌週20日には慰霊祭がローランジャ市日本移民センターで盛大に挙行された。カンバラは北パラナの玄関口として、また〃足場〃とし […]
  • 井上祐見「ぜひ来年も来たい」=毎晩聴いているファンも2013年8月31日 井上祐見「ぜひ来年も来たい」=毎晩聴いているファンも ニッケイ新聞 2013年8月3日  「ソウ・ジャポネーザのCDを毎晩聞いているという方とお会いして、本当に感激しました」。歌手の井上祐見さん(37、愛知県)が通算13回目の来伯を果たし、7月12日から28日まで公演をこなして帰国の途につく直前、本紙にそう語った。 […]
  • 2013年6月25日 日本移植民の原点探る=レジストロ地方入植百周年 ◇前史編◇ (2)=「ブラジルのナイル河選民」=不便な遠隔地を文明化 ニッケイ新聞 2013年6月25日  《リベイラ渓谷はブラジルのナイル河と言われているが、一九五三年八月十八、九両日、レジストロ入植四十周年記念祭が挙行された。日本人移住者が、ブラジルのナイル河流域の選民として、開拓四十年という輝かしい歴史を作るに至つたのであ […]
  • 大耳小耳2013年5月4日 大耳小耳 ニッケイ新聞 2013年5月4日  ロシア領海に沈んでいる笠戸丸の錨と舵、鐘を海底から引き上げて、クリチーバ百周年記念公園に設置する計画が、高山ヒデカズ連邦下議の主導で07年に大々的に報道された。公園自体も完成が〃難航〃しているようだが、こっちのアイデアの方も、その後、進展した […]