ホーム | コラム | 樹海 | コラム 樹海

コラム 樹海

ニッケイ新聞 2009年5月23日付け

 秋も深まり朝夕が冷え込むようになると日本人にとっては風呂が最高のご馳走になる。とりわけ熟年になるとシャワーでは物足りなく湯のたっぷり入った浴槽に身を沈めるのが一番。それぞれの好みがあろうけれども、熱々が大好きの人もいれば、いや体温より少し高めがよく、ここでじっくりと汗を流せば疲れも吹き飛ぶ▼あのドン・ペドロ2世は大の風呂嫌いだったらしいが、ローマ帝国の「カラカラ浴場」はよく知られ、3200人も入浴できる超のつく巨大なのもあった。文豪チェーホフやドストエフスキーもだしー「若きヴェルテルの悩み」のゲーテが70歳で17歳のマリエンバートに恋をしたのもチェコの温泉であり、欧米人にも湯好きはそれなりに多い▼日本には「銭湯」という便利なものがあるけれども、あれは鎌倉時代にもあった。江戸では天正19年(1591年)に伊勢与一なる人が創業したそうだが、これは今のサウナである。しかも混浴であり、性風俗もかなり乱れていたらしい。2階には、湯女もいて湯上りの客たちは将棋の盤を囲んだりしてかなり繁盛したらしい▼そう言えばローマの公衆浴場は15世紀の末に次々に姿を消して行く。犯人?はコロンブスであり、あの偉人はアメリカから梅毒という歓迎せざる土産を持ち帰った。この性病が欧州で大流行したので当局は、伝播の源は「浴場」とし入湯禁止を命じる。このため栄華を誇る大浴場も廃墟へと歩みだしたのは、真に惜しい。それにしても、演歌を口ずさみながらの入浴は快味の極楽であり冷える夜の湯の温もりはやはりいい。  (遯)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 【日本移民112周年記念】コロナ禍に立ち向かう日系社会の皆様へ=駐ブラジル日本国特命全権大使 山田彰2020年9月28日 【日本移民112周年記念】コロナ禍に立ち向かう日系社会の皆様へ=駐ブラジル日本国特命全権大使 山田彰  ブラジルへの日本人移住112周年を記念する「移民の日特別号」の発行をお慶び申し上げます。  日本とブラジルの緊密な友好関係の重要な礎となっているのが、ブラジルにおける日系社会という特別な人的な絆です。日本人移住者及び日系人の皆様は、移住後に大変なご苦労を経験されまし […]
  • 本紙への寄付者芳名2020年9月26日 本紙への寄付者芳名  ブラジル相撲連盟の赤木政敏(あかぎまさとし)相談役、エンポリオ古賀(ニッケイ新聞代理店)、大矢進貞さん(ゆきさだ)、おもいで酒場パブラオケ、林ヨシノブ・パウロさん、平延渉さん(ひらのぶわたる)、匿名希望の篤志家の皆さまより寄付をいただき、ありがとうございました。 […]
  • 《記者コラム》パンデミックは好機?! 一気に進む世代交代2020年9月22日 《記者コラム》パンデミックは好機?! 一気に進む世代交代  「戦後移民の時代」は訪れることなく、過ぎ去った。結果的に、それで良かったのかもしれない。アアダコウダ言わず、素直にそう考えた方が前向きか。30代、40代の若者らが中心になって実施され、実に手際よく広範な内容を含みつつ、コンパクトに凝縮された「文協統合フォーラム2020」( […]
  • ■訃報■本紙営業・阿部ヤエコさん2020年9月15日 ■訃報■本紙営業・阿部ヤエコさん  本紙営業部に長年勤務した阿部ヤエコさんが12日午前、サンパウロ市南部にある自宅で亡くなった。十二指腸癌の持病があり、当初は胆石治療のために入院した。12日にいったん退院した後、背中の痛みを覚えるなど急変。強い吐き気をもよおして息が詰まり、午後7時半頃に亡くなった。享年 […]
  • 手塚治虫の絶筆『グリンゴ』=ブラジル日系社会が遺作に(上)2020年9月4日 手塚治虫の絶筆『グリンゴ』=ブラジル日系社会が遺作に(上)  『火の鳥』『ブラック・ジャック』などの傑作を次々に発表し、存命中から“マンガの神様”と呼ばれていた天才漫画家・手塚治虫(1928―1989年)を知らない日本人は少ない。しかし、彼の未完の絶筆『グリンゴ』がブラジル日系社会をモデルにしていたことはあまり知られていない。 […]